温めなくてもおいしいレトルトカレー。つくったのはアノ「仁丹」

何よりも目を引いたのがパッケージのデザイン。

レトルトカレーの陳列棚で異色のスリムさ、シャープな黒縁どり、そしてどこか見覚えのあるキャラクターロゴ。

仁丹がレトルトカレーをつくるとこうなる

©TABI LABO

温めずにそのままでも食べられるレトルトカレー。本来ならば油も固まったままだし、香りは立たないし、ありえない。けれど「森下仁丹」と漢方専門のリーディングカンパニー「薬日本堂」が共同開発したこのカレーは違いました。

常温でも固まりにくい植物油脂を使い、そこに金時生姜や甘茶など国産の和漢植物とスパイスを合わせて煮込んだオリジナル。ずっと慣れ親しんできた、滋味深くやさしい味わいに心がなごみます。

これを称して「食養生カレー」とは、“食べることで養生し、健康的な日々をおくる”、との意図か込められているみたい。

和漢植物を使った製品を120年以上前から世に送り出してきた森下仁丹。万病に効果があって、かつ飲みやすく、保存・携行にも適した「銀粒仁丹」のフィロソフィーが、そのままカレーの味にも、サイズにも、反映されているように感じます。

ついでに言うとこの商品、箱の中には小分けのパックが5本。茶碗1膳分に合わせた食べきりの分量(30g)だそう。一膳カレーというコンセプトは、年齢の高い層に向けたものとも限りません。お弁当はもちろん、トレッキングやソロキャンプといったアウトドアシーンでも重宝しそう。

公式オンラインショップでは、10本入りから手に入りますよ。

Top image: © TABI LABO
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
カレーグランプリのチャンピオンが開発したという本格的なスパイスカレーで、15種類以上の調味料を使いながら仕上げている。美容や冷え対策にも効果的な調味料も含...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
一回食べきりのちょうどいい量がうれしい。
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
日本最大級のハウツー動画「ビエボ」が紹介する便利ハックのひとつに、ちょっと気になる炊飯方法がありました。使うのはお鍋とジップロック?これが、意外にスピーデ...
ベルリンの市場をたずねると、必ずと言っていいほど店を構えているのが「カリーブルスト」のスタンドです。スタンドの前に立って声をかければ、店主から「皮なし?」...