温めなくてもおいしいレトルトカレー。つくったのはアノ「仁丹」

何よりも目を引いたのがパッケージのデザイン。

レトルトカレーの陳列棚で異色のスリムさ、シャープな黒縁どり、そしてどこか見覚えのあるキャラクターロゴ。

仁丹がレトルトカレーをつくるとこうなる

©TABI LABO

温めずにそのままでも食べられるレトルトカレー。本来ならば油も固まったままだし、香りは立たないし、ありえない。けれど「森下仁丹」と漢方専門のリーディングカンパニー「薬日本堂」が共同開発したこのカレーは違いました。

常温でも固まりにくい植物油脂を使い、そこに金時生姜や甘茶など国産の和漢植物とスパイスを合わせて煮込んだオリジナル。ずっと慣れ親しんできた、滋味深くやさしい味わいに心がなごみます。

これを称して「食養生カレー」とは、“食べることで養生し、健康的な日々をおくる”、との意図か込められているみたい。

和漢植物を使った製品を120年以上前から世に送り出してきた森下仁丹。万病に効果があって、かつ飲みやすく、保存・携行にも適した「銀粒仁丹」のフィロソフィーが、そのままカレーの味にも、サイズにも、反映されているように感じます。

ついでに言うとこの商品、箱の中には小分けのパックが5本。茶碗1膳分に合わせた食べきりの分量(30g)だそう。一膳カレーというコンセプトは、年齢の高い層に向けたものとも限りません。お弁当はもちろん、トレッキングやソロキャンプといったアウトドアシーンでも重宝しそう。

公式オンラインショップでは、10本入りから手に入りますよ。

Top image: © TABI LABO

関連する記事

世田谷区奥沢にオープンした「D&DEPARTMENT DINING(現「d食べる研究所」)」で、創業当時から続く人気メニュー「d&ドライカレー」がレトルト...
食べたいときに、たった3分で本格カレーが食べられる。「ザ・クラフトカレー」。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
応援購入サービス「Makuake」の先行販売で完売するほど人気だったクラフトカレー「22時のカレー(よるくち)」のオンラインストアがオープン。一日の終わり...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
ルーを使わずパウダーで仕上げるカレー味のピタサンドです。火も使わないのでラクちん。豆たっぷりでたんぱく質が豊富!冷めてもおいしいんですよ。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...