レトルトに頼らない「家サムゲタン」

暇さえあればキッチンに立つ料理(好き)男子です。

たいていの料理であればちゃっちゃと作るのですが、それなしには成立しない料理というものもあります。そもそも手に入りにくい食材は、とくに労力が要ります。

表題の「参鶏湯」がその一例。それこそイチから作るとなれば、漢方食材の専門店にでも走るか、あるいはネット通販に頼るほかない。ところが「どんな量作らせる気だ」ってくらい、まあ大量に届くワケですよ(汗)。

ならばと、スーパーに並ぶレトルトパックされた既製品に手を出す気にはなれない。それなりに美味しくできているんでしょうけどね。そこはやっぱり“料理”したいのです。

あの味を家庭で再現するのは厳しい。そう、諦めていました。コレと出会うまでは……。ダラダラと引っ張りまくった理由はただひとつ。だって「本当は教えたくない」って部類のシロモノなんだもの。

一回食べきりの
ちょうどいい量がうれしい

もう一回言わせてください。

自宅で参鶏湯したい、けれどレトルト売りには手が伸びない、手軽さは求めていない人のための本格的な薬膳スパイスセットです。これは。

コーヒー豆でも出てきそうな紙パッケージですが、高麗人参、ナツメ、蓮の実、クコの実など、中身はしっかり“薬膳”してます。それと熊本県産のオーガニックもち米!

要するに、あとは鶏肉さえ手に入れれば、ネギでも水菜でもお好みの野菜とともに鍋ひとつでできあがってしまうというセットなのです。

個人的にはここもツボ。「調味料は塩だけでOK」。たしかに、こちらも“手軽”ではある。けれどその性質は、レトルトとはまったくのベツモノであります。

手軽だけどちゃんと作れる
「家サムゲタン」

インスタントではなく、コンビニエント。「即席」ではなく、あくまで重要なのはこの「手軽さ」。

スパイスミックスと鶏肉、にんにく、ショウガを入れて火にかければ、あとはただ待つだけ。下処理も不要。なのにこの出来栄えなんですから。

丸鶏を手に入れて、お腹にスパイスともち米を詰めて……と本格派にチャレンジするも良しですが、水炊き用の骨つきぶつ切り肉で、もう大満足の味わい。

なるべくなら手間は省きたい、でも手は抜きたくない。そんなワガママにちょうど良く応えてくれるんですよね。

本格的な参鶏湯が味わえるスパイスセットを見つけたのは、「参鶏湯研究所」なるサイト。聞けば漢方薬局監修のもと、本場中国より、漢方薬としても処方される高品質な生薬を用いられているそうですよ。

「本格薬膳参鶏湯スパイスセット」は2,160円から。パッケージもゴキゲンなのでプレゼントにもいいかも。

Licensed material used with permission by 参鶏湯研究所
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだ...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
材料を抑えるヒミツはポン酢を使うこと。
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
下呂温泉といえば、草津温泉、有馬温泉と並び称される日本三名泉の一つ。美容にいいお湯がでることから「美人の湯」と言われています。しかし、実は男性のみなさんに...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
ユーラシア大陸の西と東、スペインと中国、2つの国のミクスチャー料理を知っていますか?「ルーガウ」という鶏がらスープのとってもやさしいおかゆなんですが、なぜ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...