知ってしまったら使いたくなる日本語 参

未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うんです。

今回はちょっとマジメに第参弾をお届けします。

ご自愛ください【ご-じあい-ください】

●意味
「自愛」は病気などしないよう、自分や自分の体を大切にすること。「ご自愛ください」とすると、ビジネス上での手紙やメールの結びの言葉として、相手の体調を気遣う言葉として使われる。男女問わず、目上の人に対しても使うことができる。

●使い方
桜も咲き誇り暖かくなってまいりましたが、朝晩はまだ冷えますのでくれぐれもご自愛ください

この言葉を初めて目にしたのは、社会人になってすぐのこと。名刺交換をした年上の方からいただいたメールに書かれていました。「おお!なんか大人の表現だ!」と感嘆したことを今でもよく覚えています。

でもしばらくは適切な使い方がわからず、さらには新入社員の自分などが使うのはおこがましい気がして、書けずにいました。ようやく自然に記せるようになったのは、30代に入ってからです。

しかし改めて調べてみると、この言葉は目上の人に対してこそ用いるべきなんだなと。夏は暑さを、冬は寒さを、春や秋には寒暖差を、その季節に応じた表現をして、相手の体調を気遣うのは、ビジネス云々を抜きにしても、若い時から身につけておきたい大切な心持ちですよね。

…と、今回は珍しく硬派にお届けしてみましたが、実を言うと、この言葉を男性相手に使うのは、なんとなく、なんとなくですが、恥ずかしいです。だって、自分で愛してくださいね、って書くのはなんか…ね。


ちなみに、“自愛”という言葉に“体”という意味が含まれているので、「お体ご自愛ください」だと意味が重複してしまい、誤用なんです。知っていましたか?

引き続き、“知ってしまったら使いたくなる日本語”を募集中です。コメントなどで是非とも教えてくださいね。

未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
研修や会議で「ん?今、なんて言った?」というような言葉が出てくることはありませんか?そんな疑問を解決すべく、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を紹介。...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
新社会人になり研修や会議に出ると、「ん?今、なんて言った?」というような言葉が次々出てきたり。そこで今回は、知ってしまったら使いたくなるカタカナ語を集めて...
パソコンで文章を書くすべての人へ。『stone』は、書く気分を高めてくれるテキストエディタ。凛と佇むスクリーンに、美しい日本語をつづってみてください。
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
うまく言葉にできない気持ちってありますよね。一生懸命頭の中で考えるけど、うまく表現できない…。でも、今から紹介する3つの外国語を使えば、説明できるようにな...
メール、業務日報、プレゼン資料など、ビジネスにおいて文章を「書く力」が求められるシーンはたくさんあります。ベストセラー『女性の品格』でおなじみ、坂東眞理子...
実は、頭を使わなければ使わないほど英語はペラペラになると知っていましたか?僕は英語と日本語が喋れるバイリンガルだけを講師にした、少し変わった塾を経営してい...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
普段何気なく使っている日本語が、いかに奥深いものであるか。なんとなくは分かっていたものの、改めて“特殊な言語”を扱っていることに気づかされます。「Othe...
世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されて...
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
数年前、まったく知らない外国人の方から、突然Facebookでメッセージが届いた。それもすごく変な日本語で。もしあなたがこのメッセージを受け取ったとしたら...
現代日本人は「いただく」が大好きである。しかし、無闇に使っては敬意を表す気持ちが失われてしまって本末転倒だ。ここでは、よく使われているわりに誤用の多い「い...
当たり前に身近にあった「ひらがな」の曲線のうつくしさや、日本の伝統を残していきたいという想いでつくられた「ひらがなアクセサリー」。 書家でもあるデザイナー...