「もずく酢」を使って5分でつくる酸辣湯(サンラータン)

酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだとか、酸と辣のバランスがどうとか。

もっと手軽にちゃっちゃと作りたい人に、こんなアレンジはいかがでしょう。まさかのあの食材が…サンラータンしてる!

「もずく酢」の風味が
酸っぱさに奥行きを生む

そうです、使うのはコンビニだって購入できるパック入りの「もずく酢」。驚きでしょ。これをスープに加えるだけで、たしかにサンラータンらしい味わいになるんですから。

もずく酢には砂糖が入っているものが多く、甘酸っぱさを表現するのに最高の代用品。要はお酢でお出汁を割ったものが入っているわけですから、サンラータンにもすんなり味がフィットするという訳。もちろん、あのもずくならスープの具材として入っていたって気になりませんよね。

オススメはやっぱり黒酢のもずくを使うこと。麺よりもヘルシーなのも◎ですよね。

2550400bee9d946fbd31cc0b3f8def6f5cd60776

 作り方は超がつくほど簡単

鍋に水200mlと鶏ガラスープの素(小さじ1/2)を入れて強火に、煮立ったら中火にしてもずく酢(1パック)を加えます。ここに卵を1個溶いて加えて半熟状になったら火を止めましょう。
味付けは塩コショウでととのえ、ラー油をお好みで。青ネギを散らしたらできあがり。

市販のもずく酢を入れるだけでできる、このサンラータンなら時短とヘルシーを同時にかなえてくれますよ。

沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
一回食べきりのちょうどいい量がうれしい。
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
11月上旬に初雪を観測した秋田県の秘湯、「乳頭温泉温泉郷」を紹介します。行き方は「東京」駅から乳頭温泉郷の最寄り「田沢湖」駅までは2時間50分ほど。最寄り...
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
日本三名泉のひとつでもある群馬県の草津温泉。 おやつを食べながら散策したり、伝統の湯もみショーを見学したり、昔ながらの入浴方法を体験したり…。 ちいさな温...
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
(前編)では、シンフロの音ができあがるまでの舞台裏や、地方との取り組み、地元にも愛されるPRコンテンツについて話してくれた、クリエイターの清川進也さん。後...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...