「もずく酢」を使って5分でつくる酸辣湯(サンラータン)

酸っぱくて、ピリ辛な中華料理の代表的スープといえば、ご存知「酸辣湯(サンラータン)」。これをきちんとレシピどおりに作ろうとなると、やれお酢は黒酢がベターだとか、酸と辣のバランスがどうとか。

もっと手軽にちゃっちゃと作りたい人に、こんなアレンジはいかがでしょう。まさかのあの食材が…サンラータンしてる!

「もずく酢」の風味が
酸っぱさに奥行きを生む

そうです、使うのはコンビニだって購入できるパック入りの「もずく酢」。驚きでしょ。これをスープに加えるだけで、たしかにサンラータンらしい味わいになるんですから。

もずく酢には砂糖が入っているものが多く、甘酸っぱさを表現するのに最高の代用品。要はお酢でお出汁を割ったものが入っているわけですから、サンラータンにもすんなり味がフィットするという訳。もちろん、あのもずくならスープの具材として入っていたって気になりませんよね。

オススメはやっぱり黒酢のもずくを使うこと。麺よりもヘルシーなのも◎ですよね。

 作り方は超がつくほど簡単

鍋に水200mlと鶏ガラスープの素(小さじ1/2)を入れて強火に、煮立ったら中火にしてもずく酢(1パック)を加えます。ここに卵を1個溶いて加えて半熟状になったら火を止めましょう。
味付けは塩コショウでととのえ、ラー油をお好みで。青ネギを散らしたらできあがり。

市販のもずく酢を入れるだけでできる、このサンラータンなら時短とヘルシーを同時にかなえてくれますよ。

沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
SUSHI × エンターテインメントで次世代型の高級出張&出前寿司を展開する「SUSHI+」。寿司職人の岡林義明さんが、秘伝の「シャリ」を教えてくれました!
20年以上も山口県民に愛される、下関発のソウルフード。『下関もずくセンター』の「もずくスープ」。
材料を抑えるヒミツはポン酢を使うこと。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
バルサミコ酢の進化版「Ball-samico」。使いたいときに削ってふりかける球状が特徴です。
中東料理に魅せられた料理研究家兼フードコーディネーターの越出水月。中東料理ジャンキーである彼女がつくるディープな家庭料理とは......?
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
サラダやドライカレーにトッピングするレーズンは見慣れていても、これをバルサミコ酢に漬け込むというのはあまり聞いたことがないかもしれません。甘酸っぱさが引き...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
アシッドアタック(酸攻撃)にあった際に酸をはじいてくれるファンデーション。2020年、まずは事件が多数報告される中東でローンチ。その後、イギリスでも販売さ...
一回食べきりのちょうどいい量がうれしい。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。