MITならではの「料理ハック」。材料とレシピを料理写真から予測する。

SNSなんかで流れてくる、友達の“手づくり料理自慢”。どうやって作ったんだろうと気になってしまったり。あるいは、予約の取れないあの店のあの料理、写真だけで味わってきたけれど…。

でも、それが一瞬でわかっちゃうとしたら?

料理写真から
原材料とレシピを予測

アメリカMITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory (CSAIL)の研究者たちが開発しているのは、そんな時代に沿った画期的な新システム。

なんでも料理の写真を提示するだけで、その原材料とレシピを割り出してくれるんだとか。「これ美味しい!」を「自分でも作ってみよう!」の発想に変えてくれるわけだから、このアイデアが料理づくりへのハードルを少しだけ下げてくれたと言えるんじゃないでしょうか。

あ、もちろん調理のスキルは別のハナシですけどね。

まずは料理の写真をパシャリ

0741effa62f9b6f0b0117ea9f820b83a91257f477a7c6e9e9cccfd087c9e4c29a9e514478efe20a3

まずは、気になる料理の写真を撮ります。すると、独自のアルゴリズムを使って、MITが作成したデータベースの中から類似する料理を検索。写真とできるだけ近い料理の原材料と、レシピを探してきてくれます。

現段階での精度は、まだまだ科学者たちを納得するまでとはいかないようですが、近い将来、その整合性は80%近くまで上がってくるだろうと、自信を覗かせています。

アイデアソースは、
100万種以上の料理データベース

89d35c1645e4e0c517a8c6bbf0c6abe98b3aec84

今のところ、香港大学が110,000の画像と65,000のレシピを揃えた同様のシステムを構築していますが、クリエイトできるのは、残念ながら「中国料理」のみ。MITの狙いは、これをはるかに上回る100万種類以上の料理データベースの構築。実現すれば、日本の料理からも、きっといくつかデータベース化されるはず。

オンラインで試せます

誰でもオンラインでデモ版を試せるので、今の精度を試してみると面白いかも。ちなみに、現段階ではクッキーやマフィンなどのデザートものに強いようです。反対に、巻き寿司やスムージーなど中に何が入っているか一見わからないものには弱いそう。

いつか、こういうシステムがSNSでもデフォルトで使用できる時代がくるんだろうなあ。

Licensed material used with permission by MIT CSAIL
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
マサチューセッツ工科大学(MIT)は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーを組み合わせ、まるで照明器具のようにクレソンを光らせる技術を開発しました。未来の...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...