カレー以上に「クミンの香り」が活きる料理

インド料理の定番スパイスの一つに「クミン」があります。スーパーの香辛料売り場に行けば、瓶詰めされたつぶつぶのクミンシード(ホールスパイス)もあれば、パウダー状のものも。

種類や合わせる食材によって、本場のカレーにはこのどちらも用いるのですが、ここでの主役はシードのほう。ところで、クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。

5981275542257664

クミンの歴史と
カレー以外の活用法

歴史は古く、紀元前のエジプトまで遡ることができます。インドをはじめ、中東の国々の食卓にも頻繁に登場し、中国では内臓疾患を未然に防ぐ生薬として、漢方薬に用いられてきました。

クミンの使い方ですが、サラダに一振り入れるだけでエキゾチックな香りで食卓を彩ってくれます。牛肉の臭み消しにも使え、その場合はパウダー状のものを焼く前に揉み込むといいですよ。また、ピクルス作りの際に混ぜても、お酢のキツい香りを抑えてくれます。

中でもおすすめしたいのが、インド料理の「サブジ」です。ホクホクねっとりのジャガイモに、クミンのスパイシーな香りと強めの塩気で味を整えれば、おつまみにぴったりです。

香り高いクミンと
ホックホクのじゃがいもがたまらない
「サブジ」

4513784806768640

材料:2人分

じゃがいも:3個
タマネギ:1/4個
サラダ油:大さじ2
クミンシード:小さじ1/2
輪切り唐辛子:小さじ1/3
すりおろしにんにく:小さじ1
すりおろし生姜:小さじ1
ターメリック:小さじ1/3
ガラムマサラ:小さじ1/3
塩:小さじ1/3
こしょう:適量

作り方

【1】じゃがいもは2cmに切り茹でる。タマネギはみじん切りにしておく。

【2】フライパンにサラダ油とクミンシードを入れ、中火にかけ香りが出てきたら輪切り唐辛子とすりおろしたにんにくと生姜を加える。

【3】そこにタマネギを加え、透き通ってきたらじゃがいも、ターメリック、ガラムマサラを加えて炒め、塩とこしょうで味を整える。

Licensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
SNSを駆使して日本人の口に合うスパイスカレーを紹介している「Internet of Spice」。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
エスニック料理の代名詞クミン。セリ科の1年草でどちらかというとインドや中近東をイメージする独特の強い香りがありますよね。カレーパウダーの主原料としてもお馴...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
インドを旅していると、道端の屋台にはじつにたくさんの“地元めし”があることに気づきます。ここで紹介するホットスナック「アルー・ティッキ」もそのひとつ。1個...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
「弱火でにんにくを熱して香りがたつまで炒める」、レシピを見ているとこんな表記をよく見かけますよね。ペペロンチーノ、炒飯、チキンソテー、野菜炒め、カレーをつ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
季節ごとにおいしいタコが出回りますが、春のタコはとくに柔らかく、淡白な味わいが特徴。いまの時期にぴったりなメニューを紹介します。モーリシャス料理ですが、日...