驚くほど「ニラ」が食べられてしまうメニュー

5446206637473792

通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。

そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニラ玉丼」レシピを紹介します。旬ものはお財布にもやさしい!

その前に、覚えておきたい
おいしいニラの選び方

ニラはなるべく一本一本が分厚くハリがあるもの、縦に持った時にヘタりにくいものを選びましょう。葉の緑色が濃ければ濃いほど鮮度が高いと言われています。
保存は必ず冷蔵庫で、時間が経てば経つほど水分が飛んで味が落ちてしまうため、なるべく早めに食べ切ることをおすすめします。

ニラといえば栃木
生産量No.1県のおいしい食べ方

ニラの生産量1位を誇る栃木県では、さっと湯通ししたニラと蕎麦を一緒にすする“ニラそば”や、生のニラを醤油などでさっと味付けした“和え物”などがありますが、ぜひオススメしたいローカルフードがこちら。

4879872786694144

<材料:2人分
ニラ:1束
タマネギ:1/2個
油揚げ:2枚
卵:3個
A みりん:大さじ2
A 醤油:大さじ2
A 砂糖:小さじ1
A 水:180cc
ご飯...2杯分

<作り方>
1.ニラを2cmの長さに切ります。タマネギは薄くスライスし、油揚げは熱湯をかけて油抜きをし1cm幅に切ります。
2.フライパンにAを合わせ入れ、タマネギがしんなりするまで煮ます。
3.2に1のニラと油揚げを加え、中火で加熱し沸騰させます。
4.卵を溶き、半量を3に流し入れ、卵に火が入ったら残りの半量流し入れ蓋をし弱火でお好みの固さになるまで火を通します。
5.器にご飯を盛り、4をのせて完成です。

あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第2回は、アルメニアのジェーニ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第5回は北欧スウェーデンの名物料理。
うまく保存していたって、どうしても固くなるのがバゲット。こうなるともう「どうしていいかわからない」って人、必読です!
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第7回は、カリブ海に浮かぶ小さ...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...