タイ料理好きに捧ぐ。ちょい足しでなんでも「トムヤムクン」になる魔法のバター

いつもの料理に、このバターをひとかけ乗せてみて。

きっとタイ料理好き......とくにトムヤムクン好きには嬉しいことが起こるはず。

食のコスメティックブランド「CANOBLE(カノーブル)」から発売された、ブールアロマティゼ「トムヤムクン」という商品だ。

本品の使い方はいたって簡単。

たとえば、冷凍エビをオリーブオイル、刻みにんにくと一緒にトースターで温めて、このブールアロマティゼ(食べるバター)をのせるだけで「トムヤムクン」風味の一品が完成。お好みでパクチーを飾れば、さらにタイの香り高い一皿に。

このバターがあれば、タイの食文化のひとつである「トムヤムクン」をカジュアルに楽しめるのだ。

世界の味をバターで表現するシリーズの第二弾(第一弾はグリーンカレー)として発売されたこの商品は、タイの調味料であるシュリンプペーストの「ガピ」や「チリオイル」を隠し味に、タイのフレッシュな香味野菜がたっぷり使われ、バランスの良いテイストに仕上げられている。

辛い、甘い、酸っぱいの3つの要素が揃うタイ料理は、バターとの相性が抜群。たっぷり使われたスパイスや香草は、バターのミルク感を最大限に引き出している。

もし、トムヤムクンバターを使った料理が余ったら、そうめんやご飯にトッピングするのもおすすめだ。酸味、辛味、甘味、すべての要素が揃ったトムヤムクンバターに連れられて、お口の中からタイにトリップしよう。

©2019 ナショナルデパート株式会社
©2019 ナショナルデパート株式会社
Top image: © 2019 ナショナルデパート株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
普通のバターではありません。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...