タイ料理好きに捧ぐ。ちょい足しでなんでも「トムヤムクン」になる魔法のバター

いつもの料理に、このバターをひとかけ乗せてみて。

きっとタイ料理好き......とくにトムヤムクン好きには嬉しいことが起こるはず。

食のコスメティックブランド「CANOBLE(カノーブル)」から発売された、ブールアロマティゼ「トムヤムクン」という商品だ。

本品の使い方はいたって簡単。

たとえば、冷凍エビをオリーブオイル、刻みにんにくと一緒にトースターで温めて、このブールアロマティゼ(食べるバター)をのせるだけで「トムヤムクン」風味の一品が完成。お好みでパクチーを飾れば、さらにタイの香り高い一皿に。

このバターがあれば、タイの食文化のひとつである「トムヤムクン」をカジュアルに楽しめるのだ。

世界の味をバターで表現するシリーズの第二弾(第一弾はグリーンカレー)として発売されたこの商品は、タイの調味料であるシュリンプペーストの「ガピ」や「チリオイル」を隠し味に、タイのフレッシュな香味野菜がたっぷり使われ、バランスの良いテイストに仕上げられている。

辛い、甘い、酸っぱいの3つの要素が揃うタイ料理は、バターとの相性が抜群。たっぷり使われたスパイスや香草は、バターのミルク感を最大限に引き出している。

もし、トムヤムクンバターを使った料理が余ったら、そうめんやご飯にトッピングするのもおすすめだ。酸味、辛味、甘味、すべての要素が揃ったトムヤムクンバターに連れられて、お口の中からタイにトリップしよう。

©2019 ナショナルデパート株式会社
©2019 ナショナルデパート株式会社
Top image: © 2019 ナショナルデパート株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

いつものあの味、あの料理に「ちょい足し」するだけで、劇的に美味しくなるものがある。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...