希少なマダガスカル産バニラを使った「究極のシューアイス」

流行の発信地・渋谷に“究極のシューアイス”なるものが登場する。

渋谷駅東口の地下広場にあるオリジナルベイクブランド「PUFFZ」にて、マダガスカルの大自然のなかで育った希少な「アグロフォレストリバニラ」を使用した「マダガスカルバニラのシューアイス」が今週末の6月12日(土)より発売。

これを皮切りに名古屋大阪福岡の日本4大都市にて順次販売されることが決定した。

©株式会社トランジットジェネラルオフィス

今企画のテーマは「FARMER TO YOU」

サステイナブルな農法として注目を集めるアグロフォレストリーで栽培されたバニラを使用した一品を味わうことで、消費者はどのような人がどのように栽培したバニラなのか考えるキッカケを得ることができるのだとか。

現地のバニラ農家の想いを感じながら、本物のシューアイスを味わえば、その味は一層豊かなものになるはずだ。

要となるバニラアイスクリームには、北海道産の生乳と生クリーム、卵黄とともに、沖縄県産の黒糖を用いた濃厚なミルクベースを使用。

仕上げにマダガスカルバニラをミルで粉状に挽いてシューアイスに振りかけることで、ザクザクとした心地よいシュー生地のなかに贅沢なバニラの香りを思う存分味わうことができるのだ。

なお、シューアイスの売り上げの一部は、マダガスカル大使館指定のNGO、NPO団体に寄贈されることとなっている。

Top image: © 株式会社トランジットジェネラルオフィス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事