ちょい足しアレンジする「おしるこ」があなたをもっとハッピーにしてくれる

まだまだ寒い日が続きます。が、寒くなくたって「おしるこ」は、ほっこり気分にさせてくれる和スイーツ。あんことお餅の絶妙コンビにちょっとしたアレンジを加えるだけで、美容に、健康にうれしいおやつになるんです。なかでもオススメのアレンジがこの3つ、真冬だけの楽しみにしていたらもったいない!

01.
すりごま

抗酸化作用が期待できるビタミンEをごまで加えることで、美肌づくりに貢献できる一品に。乾燥肌対策としても、今の時期にぴったり。

02.
ココナッツミルク

ココナッツミルクに多く含まれるカリウムは、余分な塩分の排出を助けることから、むくみ解消にも一役買ってくれるはず。

03.
ココア
(ただし無糖のもの)

ココアに含まれるテオブロミンは、ストレス解消効果が期待できる成分です。すでにあんこに砂糖が含まれているため、ここでは無糖のピュアココアがおすすめ。

他の記事を見る
冬になると飲みたくなるホットドリンクの代表格とも言える、ココア。袋で買ったら、一人暮らしだとどうしても消費しきれないという方も多いのではないでしょうか。そ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
もちろん、そのままだって十分においしいのですが、そこにちょい足しするだけでもっとアジアが近くなるっていうか。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
シチリア島にある数十件の家が売りに出されています。しかも、たったの約1ユーロ。ただ、自ら家を改装する必要があるなど条件はあるようで。特にヨーロッパ圏内の外...
食欲がなくても冷やし麺。けれど毎度定番の味では、やっぱり飽きてしまいます。そこでアレンジ一つでマンネリを脱却するアイデアのご紹介。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あららフシギ。おいしい発見がありました。
アボカドの美容・健康効果は誰もが認めるところ。アレンジ次第で、いくらでもオリジナルレシピができてしまいます。「WonderHowTo」でライターBrady...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
奈良県の「奈良漬け」は、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...