「タコ・ピザ」を知ったら、もう普通のデリバリPIZZAには戻れないかもしれない。

タコス、ナチョス、ブリトーは日本でもよく食べられているメキシコ風料理。ここで“風”と付けるのには訳があります。これらは「テックスメックス(Tex-Mex)」と呼ばれるテキサス風メキシコ料理のこと。メキシコ人からすれば、ソウルフードとは似て非なるものだそう。

アメリカとメキシコの融合
「テックスメックス」がウマい!

まずは、テックスメックスのおさらいから。

歴史の大まかな流れをたどると、テキサス州はメキシコ領から「テキサス共和国」としての独立を経て、1845年に28番目の州としてアメリカ合衆国に併合された土地。

メキシコ人の食文化は、次第にアメリカの要素を融合するようになり、メキシコ料理とは別ものとして固有の文化を育んでいきました。こうして生まれたのがテックスメックスです。あくまで「テキサス風」でメキシコ料理とは別、と捉えるのが正解。

このちゃんぽん料理のなかでも象徴ともいえるのが「タコ・ピザ」なのです。

デリバリPIZZAにひとアレンジ

アメリカのデリバリーピザなら、必ずあるのがこのメニュー。レタスのシャキシャキ感と、とろとろチーズの濃厚な味わいがガッチリ手を組んだ、一度食べたら病み付きの逸品です。

トマトベースのピザに、粗く千切りにしたレタスと、輪切りのトマトを散らすだけ。お好みでタバスコをかけてもGOOD。ポイントはなるべくシンプルなピザをチョイスすること。もしくは、お肉(ペパロニやサラミ)がたっぷりトッピングされたものだと、よりアメリカンな味が楽しめますよ。

ピザオーブンを販売する会社からピザテイスティングのおいしい求人です!採用された人にはピザオーブンが送られてきて、ピザ作って食べるというもの。ピザレシピの向...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
ピザ箱である「The Pizza Pipe」は一部が取れるようになっていて、それを丸めればパイプをDIYできます。
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
さすがにこれだけでホロ酔いになるのは難しそうですが、このピザに合わせてさらにお酒をいただくのは大歓迎。ただし、このピザを食べる場合、飲酒運転になるのでご注...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
スーパーでよく見かける、3袋1セットの焼きそば麺。たくさん買いすぎて飽きてしまったり、微妙に1袋だけ余ってしまうこと、ありますよね。じつはあの焼きそば麺で...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
旬を迎えたカリフラワー。淡白な味わいは、付け合わせ野菜として重宝されますが、それだけじゃない!すごい食べ方があるんです。それが「カリフラワーでつくるピザ」...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
生春巻きをつくると、どうしても数枚余ってしまうライスペーパー。保存が効かないこともないのですが、あまり頻繁につかう食材でもないだけに…。という人にこそ、こ...
ニューヨークのあるピザ屋さんから、一枚2,000ドル(約22万円)もの高級ピザが登場しました。金箔が乗っていていかにも豪華ですが、値段の理由はそれだけでは...