マイアミで見つけた「異世界」への入り口

マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。

ずっと見ていると、目が痛くなってくるような…。

Time waits for no man.
(時間は待ってくれない)

マイアミを拠点とするストリートアーティスト、Douglas Hoekzema(別名Hoxxoh)さんは、「Time waits for no man.」をこの作品のテーマとしている。目がチカチカしてくるほどのサークルは、時間の流れをイメージしたもの。

彼は、作品についてこんな風に語っている。

いま私たちが持っている時間の概念は、人間が生活をしやすいように区切りをつけたもので、先入観に他ならない。この概念を放棄した時に見える、新たな「時間」の姿がここにあるのだ。

Licensed material used with permission by Douglas Hoekzema
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第六弾はマイアミ編です。何でもあり!なマイアミのミレニアルズの毎日をお届けします...
「マイアミ・アート・ウィーク」で大盛況だった展示会「CASACOR Miami」。今年で2回目の参加でしたが、来場者は2万5000人以上。Instagra...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。Instagramの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...