再生回数700万超!?日本の「給食」に、世界からオドロキの声

食べるときは「いただきます」。
食べ終わったら「ごちそうさま」。
食事は残さず食べること。
使ったお皿は、自分で片付けよう。

これらは、私たち日本人が食事をする時の基本的なマナー。両親によるしつけはもちろん、知らず知らずのうちに学校生活で身につけたものなのかもしれません。そうです、給食です。

日本の給食事情に
世界が仰天?

スクリーンショット 2016-02-23 15.32.50ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を見て驚きました。

なぜなら、子供たちは食べ残しを平気でするし、ゴミは捨てない、散らかった床だって片付けません。そこで、彼女はNYの給食管理部長と幹部に、日本の「給食」を見せることに。

スクリーンショット 2016-02-23 15.29.48食事の準備をしている、給食のおばさんたち。動画を見た幹部たちは、まずここで「手で皮を剥いてる!」とビックリ。YouTubeページには、学校で育てたものである点について「素晴らしい」との声も。

スクリーンショット 2016-02-23 15.30.10これは、授業を終えた子どもたちが、先生にお辞儀をする場面。

スクリーンショット 2016-02-24 22.55.27

そして、ごく一般的な給食風景へ。これを見た人々はというと…

「うわぁ、先生にお礼を言ってる」
「給食のおばさんたちにも」
「子供達が自分で食べ物を運んでる」

延々とオドロキの反応。極めつけは雑巾がけのシーンです。

スクリーンショット 2016-02-23 15.37.12「これ、毎日やるの?」
「他の学校もみんなこうしてるの?」

佐竹さんによれば、みんな「信じられない…」といった表情を浮かべていたそうです。

ただ「食べる」だけではなく
生活を学ぶ子どもたち

スクリーンショット 2016-02-24 22.59.13

スクリーンショット 2016-02-23 15.35.52牛乳のパックをバラして、水洗い後に乾かすーーなんてリサイクルも、日本人にとっては当たり前の慣習でしたよね。

動画に感銘を受けたのでしょうか、給食管理部の人々からはこんなコメントが。

「ニューヨークの学校でここまでやるには時間がかかるかもしれないけど、とにかく始めないことには前に進めないから」

そうして佐竹さんは、ボランティアで給食のゴミ削減と分別の指導を始めることに。それが今NPOの仕事となり、日本式の給食をNYに広めるべく、各地の学校を指導して周っています。

動画は7ヶ国語に翻訳され
世界中で賞賛を浴びることに

すでに世界30カ国以上で見られているこの動画、再生回数は700万回を突破する大人気コンテンツに。現在分かっているだけでも、7カ国語に翻訳されています。コメント欄も賑やか。

「みんな礼儀正しくて素晴らしい。日本さすが!」「子供を日本の学校に入れたい」「急に日本に引っ越したくなった」「うちの学校の給食はレンジで温めた冷凍食品」

日本の給食や掃除の習慣、礼儀正しさを賞賛する声がホントに多いみたいですね。映像を製作した佐竹敦子さんは、こんなことを話してくれました。日本の「食育」は世界に誇れる素晴らしい文化だと、日々痛感しているそうですよ。

「毎日当たり前にしていた給食や掃除の習慣の素晴らしさを広めることができて嬉しい。これからもこういった情報発信とニューヨークでの実践を続けたい」。

Licensed material used with permission by 環境活動家 ドキュメンタリー映像作家 佐竹敦子

人口850万人以上もいる大都市ニューヨークで、今年度から公立学校の子どもたちを対象に、無償でランチが提供される。これまでも対策は講じられてきたが、家庭の経...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
いろんなストーリーが浮かんできます。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
2020年東京五輪を控え、インバウンドに力を入れる日本のキャッチフレーズは「Endless Discovery」。尽きることのない感動に出会える国であるこ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
2015年8月2日。京都市内で、和と洋の“極上のコラボレーション”が行われていたことを、あなたは知っているだろうか?舞台は世界遺産・清水寺。1,200年以...