インスタグラマーでもない彼の動画が、再生回数2,000万超のワケ。

「精神的なことは、目に見えないから理解されにくい。でも、だからと言って何でもないわけじゃないんだ」

自身の経験を元に動画を制作し、多くの人の共感を呼んだTon Mazzoneさん。彼が切実に訴えているのは、目に見えない苦しみ

目覚めは「不安」と
「疲労感」とともに

76d1ac57502d228d476045f30192599334a52dcc

朝、目を覚ますと疲労感に溢れている。何時間も考え事をしていて、よく眠れなかったんだ。自分が犯した間違いが頭の中をリピートして、簡単に抜け出すことができなかった。

Cdd5eac9d6924ba311c0539a0356efb8d4586bc3

様々な場面で最悪のシナリオが浮かんでくる。上手く立ち振るまえずにデートが台無しになるとか、ドライブに出かけたらとんでもない事故に巻き込まれるとか…。

E41fabecf5c8715297a7ef3d2f53fb759d250180

「あんなこと言わなければよかった」とか「誰も俺のことなんか好きじゃないだろう」と考え込んだり、職場での何気ない上司からの目線を疑ってしまうこともある。何か嫌な思いをさせる事をしたかもしれない、とね。

他の人からしたら馬鹿らしく思えるかもしれなけど、俺には不安でたまらないんだ。

F750bb86dcce6c61cc39d79156e6d2cb2e79205b

俺はいつも携帯を眺めている。ソーシャルメディアでどれほど「いいね」がついたか確認するためにね。まるで、他人の承認を欲しているかのように。でも、画面上の自分と本当の自分は、まったくのベツモノ。

Eb391bb63f76dc8205e7d93cbfd7fec0efd4a21b

同年代の友人が、いい仕事に就いたり、結婚して子どもを持ったり、マイホームを購入する姿を見ていると、頭が爆発しそうになる。

羨ましいと思うのは駄目なのか?俺が経験している苦しみを、彼らにもいつか味わって欲しいと願うのは悪いことなのか?

心配しても良くならないのはわかっているのに、止められないんだ。まるでドラッグのようだ。

4030aa9e6fcdace15a779c665b4035916ce52241

本当は行きたいイベントにも参加できない。何か間違った言動をしてしまったら…と思うと、誘いを断るしかなくなる。

友人は俺のことを「信用できないヤツだ」とか「前を向けよ」と言ってくる。

Ca52ea6009e23edc08cfc85a3e70ee066697c074

だから…いちばん良いのは、ただ家にいることなんだよ。

苦しんだその後…

不安に襲われ続けたTonさんが、初めてパニック発作を起こしたのは7年ほど前。最初は何が起こったのか理解できなかったといいます。その時から、人と話すことさえ怖くなり、外出することもなくなって…。

その後、回復したということですが、どのように症状が改善されていったのでしょう。

「無理をしないよう家にいると、考えすぎて更に悪化していった。だから、あえて怖いと感じる場面に飛び込んでみたんだ。すると徐々に良くなっていったんだ」

こうした経験を重ねるにつれ、周囲であまりメンタルヘルスについて話す機会がないことにTonさんは気づきます。そうして制作したのが、あの動画だったのです。

再生回数は2,100万超
共感メッセージが殺到

Tonさんの動画は、Facebookでじつに再生回数2,100万回を超え、多くの人が彼の実体験に共感しています。同じような経験がある人たちから、「一人じゃないと感じることができた」とお礼の言葉が届いたそうですよ。

Licensed material used with permission by Ton Mazzone(Facebook), (Instagram)
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
ロシア人アーティストKnavishkolaは、みんなにもっと身近な幸せに気づいてほしいと、このアニメーションを作成しました。わずか1カ月ほどで1億回もの再...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
心の病を抱えた家族とともに暮らす、アーティストのJoshua Mielsが描いた肖像画。何層も塗り重ねられたカラフルな油絵の具は、彼が心に秘める感情があら...
愛くるしい歌声と表情で、これまでもたくさんの人たちを魅了してきた、4歳のクレアちゃん。今回のパパとのデュエットもとても可愛らしく、動画の再生回数は約900...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自称するJacqui Kennyは、驚くことにたくさんの旅行写真を自身のInstag...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
皆、不安になることはある。でもそれは当たり前のことだと言い切りのは「The School of Life」。なぜなら、今の世の中は複雑で、様々なことに向き...
生まれつき耳が聞こえないCharlyちゃんは、ある日補聴器を付けて、初めて「音」や「声」を聞くことに。「こんにちわ」「愛しているわ」というお母さんの呼びか...
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
どちらも再生回数が伸びた動画なので、すでに見たことがある人も多いかもしれない。「シンフロ」「湯〜園地」ともに、いわゆる地方創生系のPR動画としては、異例の...