「不安になっちゃダメ」という考えじたいが間違いだった。

「プレゼンで自信をつける方法」や「リラックスして眠りにつく方法」というニュアンスの記事をたくさん目にする今日、疑問に感じることがある。「そもそも不安を感じてはいけないの?」と。

誰でも手に汗を握りながらプレゼンしたいとは思わないだろうし、寝る前に不安に襲われたくもないだろうから、言っていることはわかるのだけれど。

こんな思いに寄り添ってくれたのは、「不安に感じることはしょうがない」という「The School of Life」の言葉。動画を最後まで追っていくと、不安というものをポジティブに捉えられるようになるかもしれない。

不安になることは、
悪いことじゃない。

C7d738122ef57577e2e4132ca81aa4cb1e49883e

不安に襲われるということは、時々、逃げているというように捉えられることがある。でも原因となっているのは、世の中の混乱や苦難などである。

383da54704ce317c4d60a5f247657f903f2a1590

にもかかわらず、不安な気持ちを和らげたり麻痺させるという治療が推奨されている。

34c14d91ee24ac050cba8b5c1a32c7ce9c68b283

通常は、普通にしていれば平穏でいられるわけで。不安感はそもそも、世の中にある狂気じみたもののせいだと言える。

0d2184259b1f6188635ea9713ac1f91f47b7f01b

どのような時に不安になるかを考えてみると、パーティーにいる時や同僚と話している時、混雑した電車の中。このような出来事には、“恐怖”が隠れているという事実は否めない。

566504e28f9906b34196d30b652965a408a2e487

19世紀のイギリス人作家ジョージ・エリオットの小説は、私たちが「不安」をリスペクトを持って解釈しなおす時の参考になるという。不安な気持ちは、私たちが対応しきれない事と向き合わなければいけない時に感じるものだという。これは間違ってはいない。

454d913ea7f460a1cbb921805195e6ac9a46eb91

なぜなら、社会の中で、他人を不思議に感じたり、以前は重要だったことが破壊されるという現実を目の当たりにしたり、早すぎる人生の移り変わりなどが原因として挙げられるから。

私たちは実践できていないけれど、不安というのは本来有効活用できるもの。

1c122fa4bd0df22981d3e5f9eebfa711a195fa5b

にもかかわず、不安は悪いものだと決めつけているのは、この狂った世の中なのだ。不安は病気に関わるという考えが先行してしまい、賢い考えができなくなっている。

362428fa65ef48936966ffdd95e632f2b2a93dd5

捉え方の違いで、自分で自分を苦しませるようなことはしないように。

Licensed material used with permission by The School of Life
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
70年代、80年代の日本では右肩上がりの経済成長が約束されていた。その時代には、企業の中で与えられたものをこなしていけば、それなりにやっていける社会が成り...
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
過去や将来についてや今の気持ちなど。自分自身のことについて考え出したらキリがありません。それに、「自分のこと」を深く考えるのは、時には“心の痛み”にもなる...
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
精神的なことは、目に見えないからこそ周囲に伝わりにくい面がある。が、周りが思う以上に、症状が悪化していることも。不安に襲われパニック発作を起こしたことがあ...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...