仕事・恋愛・プライベート。あなたが現状に満足できない「5つの理由」

カウンセラーのF.Emelia Sam博士は、こう警鐘を鳴らします。社会生活のなかで責任や同調を理由に、私たちは「心の深部にある“自分の声”を無視しがち」であると。モヤモヤと気持ちが晴れない社会人のために、いますぐ見直すべき5つのサインを紹介しています。

01.
自分のことは後回し
だから、充足感がない

253217545

私たちの思う「安定」とは、お金に余裕があり、何の努力もせずに生活していくこと。こう考える人がどれだけ多いことか。ですが、自分の心の状態をチェックしてみれば、そうではないということがよく分かるはずです。
自分の目標とは、まったく違ったことばかりしていては、最終的には心身ともに疲れ果ててしまうもの。つまり、あなた自身が充実していると感じなければ、いつまで経っても、満たされることなどありません。

02.
「NO」が言えない
他人に意見を合わせがち

000038516334_Medium

恋愛において、こんな経験があるはずです。「◯◯をしたい」と口にしても、最終的にはその反対のことをしてしまう。他人と関わり合うとき、折合いをつけることは大切です。でも、相手の趣味趣向に合わせて妥協しても、価値観や考え方まで妥協してしまうのは考えもの。安定した環境に甘え、自分の信念にまで妥協していては、いつか自分自身を見失ってしまいます。

03.
本心はモヤモヤ…でも、
無理に納得しようとする

Pensive woman in bed

「安定感」の不思議なところは、必ずしもあなたに安定した気持ちを感じさせないということろ。あなたは自分を納得させようと、日々の生活を前向きに考えようとします。ですが、そこには空虚な心があるだけ。自分の生活に感謝したり、納得することは素敵なことだけど、空虚さを打ち消すことができなければ、心は永遠に満たされることはありません。

04.
友人や同僚の成功を
密かに嫉妬してしまう

94093741

友達や同僚の成功を知ったとき、あなたは正直どう思いますか?表面的には、相手の成功を祝うことができたとしても、心の奥底に、強い嫉妬心が潜んでいるのかもしれません。自分の夢に生きる人のことを応援できない。それって、悲しいことだと思いませんか?

05.
正当化しようと
必死に言い訳

000010098688_Medium

安定を求める人ほど、自分を正当化することに長けています。自分が選ばなかった道は「魅力的ではなかったから」と、言い訳しようとする。彼らは自分を正当化しようと、物事が上手くいかなかった理由をあれこれ言うでしょうが、「挑戦するのが怖かった」とは、決して口にしません。そればかりか、茨の道に挑戦した人を軽視しようとさえします。
人生が壮大である必要はもちろんありません。それでも、道半ばにあるチャンスを摘みとれるか否か、そこがカギなのです。


Sam氏は、こうも言います。現実的なように見えて「安定はただの欺瞞である」と。本当の自分を見失ってしまう理由は、ここにあるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
仕事でもプライベートでも、相手を喜ばせたくて、つい「YES」と言ってしまうことってありますよね。嫌われることを恐れて仕事を引き受けてしまったために睡眠不足...
もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
日本人は自分たちの現状や未来に対して、不安を抱いている。しかし、日・英・米・独の大学に赴任して、それらの国々の政治、経済、文化を肌で感じた上で日本を定点観...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
幸せは自分でつくり出すもの──。なんてよく言われていますが、実際これができる人が少ないのは、難しく構えているからかも。もしかしたら、「Thought Ca...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
恋愛が上手くいかないと悩んでいるあなたに、知っておいて欲しいことがあります。それはなんら難しいことではなく、考え方を少し変えればいいだけのことなのです。拙...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...