本当の自分と向き合えた「サム」の物語が、切なくも温かい。

子どもだった時のことを思い出してほしい。友達とケンカした時、好きな子ができた時、悩んでいることを親に話せたでしょうか?ほとんどの人はためらってしまったのでは。

これから紹介する動画に登場する子ども「サム」も同じです。中々打ち明けられないので、心に寄り添ってあげるつもりで内容を追ってみて。

サムの悩みは気軽に
言えることではなかった…

生まれて間もないサム。「悩む」なんて言葉さえ知らなかった頃。

人形で遊ぶよりも車のオモチャで遊ぶことが好き。

時々ヒゲを書いてふざけることも。

友達は男の子ばかり。

でもね、なぜかみんな離れていってしまった。

「変わったヤツだな」って噂されていたみたい。

許せなくて思わず手が出て…、

親が呼び出された。でもなぜ?何も悪いことはしていないのに。

自分だけ髪の毛が長かったのがいけなかったのかな。

髪を短くした姿を見たお父さんは、悲しそうだった。

なぜ周りは自分を受け入れてくれないのだろう。

カウンセリングへ連れて行かれたけれど、心の中を打ち明けはしなかった。

でもね、お父さんもお母さんも歩み寄ってくれた。諦めないでいてくれた。

だから本当のことを話したんだ。

すると心がふっとラクになって…

初めて「本当の自分」になれた気がした。

ありのままの自分を受け入れてくれる人もちゃんといるのだと、知ることができた。

本当の自分がどちらか
悩んでいたサム

終盤になる頃には気づいてもらえたでしょうか。始めからいた男の子は、兄弟でもなんでもなくサムそのものでした。女の子として生まれたけれど、自分の本当の性は男の子だと感じていたサムのイマジネーションで、心の動きをうまく描写しています。

そして動画に隠されたメッセージはもうひとつ。「サム」は、女の子だとサマンサ、男の子だとサムエルなど両方の性別の名からくるニックネーム。感が鋭い人ならもしかして、2枚目の写真くらいでサムの悩みに気づいていたかも?

「性教育」のための
サム人形

このサムは人形として商品化されています。赤ん坊の時から苦悩を乗り越えるまで6種類のサムが1体の人形になっており、「Kickstarter」で資金調達中。

悩みなどなく幸せだった頃から疑問を持ち始めた時期。葛藤し周囲と距離を置くも、最後は受け入れてもらえるようになるまで、1体1体の表情がサムの成長を物語っています。そして最後のハートは、どのサムも心は同じだということを表しているのだそう。子どもたちに性の問題や思いやりと優しさの重要性を学んでもらうために作られたようです。

Licensed material used with permission by Gender Creative Kids
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
写真は、5歳のCianくん。スーパーヒーローや自動車が好きな普通の男の子です。でも、彼にはもうひとつ大好きなものが。ワンピースやスカートなどのいわゆる女性...
不安を感じやすいって悩んでいる人がいるのなら、「Asap Science」の動画を見て欲しい。見たからって決して解消されるワケじゃないのだけど、なぜ不安に...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
結局、男の子と女の子どっちが得をしているのか?こんな疑問に、インドのウェブメディア「WittyFeed」がユーモアたっぷりのイラストを添えて、答えを導き出...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
男の子=電車やロケット、女の子=花柄やハート。色でいえばブルーにピンク。大人のもの以上に、子供服にはこれら定着したイメージが、今も色濃く反映されています。...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
誰にだって心のよりどころとしている音楽や映画がひとつはあるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週は話題のバンド、「ねこね...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
皆、不安になることはある。でもそれは当たり前のことだと言い切りのは「The School of Life」。なぜなら、今の世の中は複雑で、様々なことに向き...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...