「男でもあり女でもある」と公表した歌手サム・スミスが伝えたいこと。

2015年のグラミー賞で4冠を獲得したサム・スミス(Sam Smith)。去る9月、約2年ぶりとなる新曲『Too Good at Goodbyes』をリリースしました。その歌声に、再び心を打たれたファンは少なくないでしょう。

活動再開に合わせ実施された「The Sunday Times」のインタビュー。そこで、サム・スミスが明かした“ジェンダー観”が話題になっています。

取材者からの質問に、ヒールを履くのが好きで、家にたくさん持っていると述べたうえで、サム・スミスはこう続けます。

「みんなはこのことを知らないだろうね。でも、17歳のときは、Boy GeorgeとMarilynにとても興味を持っていたよ。

男性用の服を一着も持っていなかったときもあったほどなんだ。本当だよ。2年半くらい、まつげを付けて、化粧をして学校にだって通った。レギンスにはドクターマーチンを合わせて、大きい毛皮のコートも着ていたね」

「どんな肩書きになるのかは分からない。だけど、自分自身が男であると同時に、女でもあったんじゃないかな

そう、サム・スミスは自分のジェンダー観について告白したのです。ここで、仄めかされたことを、多くのメディアは「ジェンダーフルイド(Gender Fluid)」と報道。

最近、耳目に触れる機会が多くなったこのワード、日本ではあまり馴染みがありませんよね。いったい、どういったものなのでしょう。

”あえて”ジェンダーを決めない

オックスフォード英英辞典から「ジェンダーフルイド」の意味を意訳すると、1つのジェンダーにとらわれないで、それらを決めない人を指します。

その実態について、LGBTQ推進派Liz Powell氏は、「Refinery29」の記事の一部でこう説明しています。

「彼らの意識の中では、ジェンダーが行ったり来たりするのです。または、男性や女性という2つのアイデンティティが混在している状態」

つまり、彼らは特定の期間、男性であることもあれば、女性であることも。だからこそ、あえてジェンダーを決めない。これがサム・スミスのジェンダー観なのではないでしょうか。

しかし、周りと考えが異なることを理由に、多くのイジメを経験したのだとか…。

勝手にレッテルを貼られるという苦悩

Photo by Kevin Mazur/WireImage/Getty images

あるときは、道端で知らない人から暴行を受けることも。また、他人からの偏見にも苦しんでいたそうです。

「今でも覚えているのは、デビュー当時に、”ゲイ歌手”と呼ばれていたこと。これは嫌だったね。多くの人がプライベートなことを噂する前に、『歌手』として認めて欲しかった。

だけど、変わったんだ。過去の自分じゃない。どんなレッテルを貼られても気にしない

と、「The Sunday Times」の同インタビューに答えるサム・スミス。このタイミングで、1つのジェンダーにとらわれない自分の“誇り”を公表した理由も、ここにあるんじゃないでしょうか。

さらに、新曲のミュージックビデオでは、同性カップルを映し出すことで、同じ悩みを抱えるマイノリティの人たちに向けて、ある想いを伝えようとしている印象を受けます。

たくさんのイジメから立ち直れた理由を、サム・スミスは、先の取材に「自分のアイデンティティを尊重してくれる仲間たちがいたから」と返答。

このミュージックビデオで、サム・スミスはマイノリティの姿を映し出すことで、自分と似たような状況に苦しんでいる仲間たちに、心の支えになった同じ行為をしているのではないでしょうか。ひとりじゃないよ、と伝えるために──。

Top Photo by Kevin Mazur/WireImage/Getty images
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
アカデミー賞からグラミー賞の獲得まで、幅広い活動の中で成功をおさめているウィル・スミスですが、その影には彼が大切にしている哲学がありました。「ウィル・スミ...
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
InstagramがAIを利用した「いじめ防止策」を発表しました。
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
子どもの頃、トンネル内でパチンと手を叩いたり、あ〜♪(なぜか決まって「あ」)と声を出しては、音の響きを楽しんだもの。この反響・残響効果をより細分化して、1...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?