ヨーロッパの常識を覆した歌手「サルヴァドール・ソブラル」国内初インタビュー

サルヴァドール・ソブラルは、1989年ポルトガルの首都リスボン生まれの男性歌手。

アントニオ・ザンブージョやブルーノ・ペルナーダスの世界的成功で、ポルトガル音楽シーンは注目されつつある。が、ヨーロッパではサルヴァドールのほうが知名度は高い。

彼の名前を世に知らしめたのは、2017年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストだった。ユーロビジョン・ソング・コンテストは、1956年から毎年開催されている伝統的なイベント。年に一度、ヨーロッパ中から国を代表する歌手が集まり、その歌声とパフォーマンスを競う。

ポルトガルは過去48回の出場のなかで一度も優勝したことはなかった。その歴史を変えたのが、ほぼ無名だったサルヴァドール・ソブラルだ。

一般的にユーロヴィジョンにおいて上位入賞するために必要なのは、シンプルな英語詞、王道ユーロビート風のアップテンポな楽曲、派手な演出と言われている。

彼が大会で歌った楽曲『Amar Pelos Dois(二人の愛)』は、その定石には当てはまらないものだった。別れた恋人への想いを歌ったポルトガル語詞のスローバラード。作詞作曲を手掛けたのは、彼の実姉であるルイーザ・ソブラルだ。

この歌はポルトガル語がわからない視聴者の心にも響き、一般視聴者票を多数獲得した。結果、史上最高得点で優勝。彼は受賞式のスピーチでこう語った。

「意味のない、使い捨ての音楽が蔓延するこの世界で、これは意味のある音楽を作っているすべての人の勝利だ。音楽は花火じゃない。音楽はフィーリングだ!」

優勝直後は、急激に注目を集めたことによるストレスや、健康問題(元々心臓に持病を抱えており、2017年12月に心臓移植手術を受けた)に悩まされていたが、近年は精力的に活動を行っている。

コンサートをしながら世界中を旅をするという夢を実現し、敬愛するカエターノ・ヴェローゾとも初共演を果たした。2019年3月には、アジア初のマカオ公演も行われた。その前日に、本人に話を聞くことができた。

京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
NYCから来日したメッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファ...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
今って、むかしよりほんとに音楽をチェックしやすいし、東京にいなくても、自宅録音でも、すっごいミュ……
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
「私がやっているのは、愛の告白」——。 インタビュー前編では、セレブタレントとして一躍有名人となったマリエが、自分の夢を追い、自分自身に向き合ったそのライ...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
名鉄の電車の音より「1/fゆらぎ」を詰め込んだリラックスミュージック「Rail Yell」。がんばる受験生に向けた鉄道会社からのエールです。
「Impossible Foods」が開発した偽の豚挽肉は、100%植物性であるうえにハラールやコーシャにも対応。実際に食べた人のレポートでは「驚くほど本...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...