#6 日本の音楽に極端な情熱を持っていた――TANUKI インタビュー

Vaporwave特集 #6

ヴェイパーウェイブの派生ジャンル、Future Funkのサウンドは、それまでよりもアッパーでダンサブル。新しいファンを獲得し、より広い層に届いた。

アートワークは、レトロウェイブとも呼ばれる16bitゲームライクなグラフィックや、コマーシャル、アニメ作品からインスパイアされているものも多い。そのなかで日本のポップスがサンプリングされて広まったこともあり、シティ・ポップが海外で再評価されるきっかけをつくったとも言われている。

イギリスの音楽プロデューサー・TANUKIもそのクリエーターのひとりで、2015年にリリースした『BABYBABYの夢』は、YouTubeでも紹介されて720万再生を突破。今年の5月には、各国のクリエーターたちとともに来日し、80年代日本アニメの楽曲を制作していたミュージシャンたちと、共同制作をするイベントに参加した。

日本の音楽に対して強い愛情を持っていたとは言うものの、友だち同士で楽しむために遊びでつくったものが、こんなに知られることになるだなんて、本人もまったく想像していなかったのだという。

 

 

――ものすごい人気ですが、本人はどう感じられていたのかなと。

 

完全に想定外でビックリした。

だって、自分とまわりにいる友だちとだけ楽しむために遊んでて、サンプリングとエフェクトでなんでもいいから音楽をつくりたかっただけだったから。

名前もテキトーにしようと思って、『平成狸合戦ぽんぽこ』を見たあとに決めた。こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。

 

©2018 TANUKI

 

――可笑しな日本語としてニュアンスはバッチリですね(笑)。Future Funkは意識していなかったんでしょうか。

 

音楽プロデューサーとしての活動自体は2009年からしていて、J-Coreをメインに、Happy Hardcore、Drum and Bass、 Glitch Hop、Dubstep、Chiptune、Synthwave、と様々なジャンルのプロジェクトがあった。

2014年のはじめ頃にMacintosh Plusの『Floral Shoppe』を聞いてヴェイパーウェイヴを知ったんだけど、それでサブジャンルのFuture Funkのことも知って、すぐハマったね。それまでに聞いたことがなかったお宝楽曲がたくさん潜んでたんだよ。

 

――お宝とは?

 

T-SQUAREやDIMENSIONのような、日本のジャズやフュージョンバンドが大好きだったんだけど、そういう一番好きな時代の音楽をサンプリングしていたジャンルだったから、そのサウンドだけでも素晴らしくて、どんどん引き込まれていった。

まさか、TANUKIがこんなにひろがるなんてね。それだけソーシャルメディアでみんなと繋がることが簡単になっているってことだと思う。それにはとても感謝してる。

シェアや拡散っていうインターネットカルチャーがなければ、今愛し、サポートしている作品群のことだって、知ることすらできなかったし、ぼくが出会った素晴らしい人々や、尊敬している人との関係はありえなかったかもしれないから。

 

――日本の音楽にはいつから興味を?

 

もともとギターを弾いてて、2000年代はじめに80年代あたりの素晴らしい音楽にたくさん触れたのがきっかけで日本の音楽にハマった。

こっちとは、コード進行やメロディがぜんぜん違うからおもしろくて、極端な情熱を持つようになったんだよ。

ヴェイパーウェイヴに関係なくとも、Perfumeの『ポリリズム』は個人的に凄い音楽だと思ってる。ここで使われているリズムアプローチは、メシュガーっていうエクストリームメタルバンドで初めて知ったから、これほどキャッチーになるなんて信じられなかった(笑)。

頭にこびりつくメロディに高揚するコード進行……中田ヤスタカは天才だ。日本は、いろいろなジャンルに良い曲がたくさんあるよね。

 

――どちらかというと、日本のポップスへの思い入れが強いってことでしょうか。

 

うーん。個人的に、Future Funkの盛り上がりはインターネットカルチャーのなかでも最高のクリエーションの一つだと思ってるよ。

まだヴェイパーウェイヴという名前がついてなかったころは、チルやアンビエントって感じも多くて、主なトピックがノスタルジア中心だったよね。

それからRetro Aestheticsな雰囲気が流行って、Mall Softでコマーシャル映像や子どもの頃の記憶、BGM的な産業音楽が注目されて、Future Funkで日本の名曲がたくさん紹介されるようになった。

そこには、同じものを使って、同じようなスタイルで、定義できない新しいアートをつくっている人たちがたくさんいて、そのどれもが素晴らしかった。

 

――ノスタルジアと、日本の名曲と、定義できない新しいアート。その全体に共通する魅力があるんですね。

 

そうだね。その要素は、今もそれぞれのサブジャンルのなかで生きてるんだと思うよ。Mall SoftやFuture Funkにも。

いくつかのサブジャンルは、もっと小さな規模のコミュニティで活動をしているけれど、ぼくたちは今どこにでもアクセスできる時代に生きていて、どの世代の音楽・映像・アートを楽しんでも良いわけだから、とくにこれだけが、ってものはないと思う。

 

――自由に楽しもう、と。

 

こんなに毎日情報の消費を強いられている時代はなかったと思うし、呆然としちゃうくらい今は多くのことがとてつもないスピードで起きてるけど、同時にそれがインターネットやインターネットカルチャーを素晴らしいものにもしていると思うんだ。

ぼくにとっては、インターネットは今までもこの先もずっとホームだから。子どもの頃に見たグラフィックデザインやビデオゲームなんかを見るとつい頬がゆるむし、自分でも90年代後半からインターネット空間に落ちている残骸を使っていて、突然いい思い出がよみがえってくることもある。

 

――その懐かしさが国籍を問わずに共感を生んでいる理由なんでしょうか?

 

最近“Vapor”って単語自体がバズワードになってたんだと思うよ。でも、大企業がヴェイパーウェイヴに「Aesthetic(美学)」を感じているとしたら、とてもクールなことだと思う。

90年代のリバイバルファッションもかっこいいし。個人的にこの流れは続いてほしいな。

 

――80年代当時の楽曲を実際に制作していた日本のチームと直に接してみてどうでしたか?

 

伊豆スタジオでの経験は忘れられない。素晴らしかった。

自分がとてつもない影響を受けた世代の伝説的な日本の音楽家である、安西史孝さん、小林泉美(ミミ)さん、森英治さんたちと仕事ができたし、Night TempoやマクロスMACROSS 82-99、Desiredといった、同じ志を持ったFuture Funkのクリエイターたちからも刺激をもらった。とても嬉しかったね。

プロジェクトに参加してハードワークしてくれたみんなや、Kickstarterで資金調達をしてくれたバッカーたちにもとても感謝してる。

 

――凄いメンバーですから、楽しみにしている人は多いと思います。

 

本当に、こんなに楽しい体験ができるなんて、ありがたいことだよね。そのときの曲は完成して、もうすぐリリースできると思うよ。

 

――最後に、ファンにメッセージを。

 

最近ちょっとバタバタしているのだけど、ほかのリミックスも進行中だし、オリジナルのEPもつくってる。それもどこかで発表できると思うので、お楽しみに!

 

 

――ありがとうございました!

彼の最新情報については、、Aestheticな写真が満載のInstagramや、Twitterでチェックできます。

 

 

Licensed material used with permission by TANUKI
Top image: © 2018 TANUKI
「Vaporwave」をもっと知りたい

関連する記事

ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉、知ってる?
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「ハーマンインターナショナル株式会社」が、全国の10~60代計2,000名を対象におこなった調査では、半数以上の人が「音楽のない世界では生きていけない」と...
『AKIRA』の音楽に焦点を当てた常設展示が「日本科学未来館」に誕生するという。「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」と題された同展...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
ドイツの連邦金融裁判所は、テクノミュージックを正式な音楽ジャンルのひとつとして認め、チケットの税率を引き下げることを決定した。

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
トランスポーター(移動手段)としての車には、もう多くの人の興味が失われているとおもう。誰もが車をもてる時代をへて、今はカーシェアリングなんてあたりまえ。U...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。