#4 接続と分断が同時に起きる場所――Neon Saltwater インタビュー

Vaporwave特集 #4

“Internet Aesthetics(インターネット美学)”という言葉がある。 ヴェイパーウェイヴに関連する、ビジュアルの雰囲気を表してよく使われている。

例えば、ネオンやヤシの木といったモチーフを使ってつくられた、80年代や90年代の雰囲気を感じるトロピカルでディストピアなグラフィック、懐かしいゲームのCGに感じるカクカクしたポリゴンやグリッチ感などなど。

このムーブメントに共通する不思議な魅力に対して「Aestheticだね」と評する感じ。想像上の部屋を具体化するシアトル在住のアーティスト・Neon Saltwaterの作品も、そういう創作物の一種だと思う。

作り手としてヴェイパーウェイヴを意識しているの? と聞くと、本人はNOと答えたけれど、その考えかたには共通点も多かった。目で見て楽しむヴェイパーウェイヴのヒントにしてみて!

©2018 Neon Saltwater
©2018 Neon Saltwater
©2018 Neon Saltwater
©2018 Neon Saltwater
©2018 Neon Saltwater

 

――てっきりヴェイパーウェイヴを意識しているのかな、と。

 

無意識に影響されていたのかもしれません。

初めてヴェイパーウェイヴを知ったときは、不気味な感じがしました。ミステリアスなエネルギーがあったのは確かです。たぶん、自分も含めて多くの人が気にかけていたことなのだけれど、それが何だったのか正直わからなかったから。

なんとなくその概要を掴めるようになったきっかけは、香港の路地を深夜に歩いているような雰囲気とか、誰もいないショッピングモール、というイメージができてからかもしれませんね。

 

――Neon Saltwaterのプロジェクトをはじめたきっかけは何だったのでしょうか。

 

もともとは、Crushという友だちとシェアするためにつくったプレイリストの名前だったんです。コラボレーションだったのですが、お互いの関係性を再確認するための音楽でもありました。

同時に、私が夢で見たり、頭の中で思い描いたりしている、数百万とある部屋や、そこにある明確な雰囲気を具体化するプロジェクトでもあります。今では、ビデオや、ポップアップとしても存在しています。

私の想い出は場所と雰囲気に紐付いているから、その感覚や情熱のイメージを部屋に表しているんです。ときには、音楽からインスピレーションを得ることもあります。

 

 

©2018 Neon Saltwater
©2018 Neon Saltwater
Photographed by Ashley Armitage
©2018 Neon Saltwater

 

『Un-virtual』という作品は、私が初めて部屋を現実世界に再現した展示でした。私の作品を見て、ヴェイパーウェイヴの世界観に似ていると言う人はたくさんいます。

私自身、今28歳で80年代から90年代という時代に大きな影響を受けているし、子供の頃の記憶に感じるノスタルジアが、創作活動の大部分を占めています。私の作品を見る人は、そこから未来を感じることもあるみたいですね。

感情の変化を表現することが究極のゴールなので、私の作品からそういう雰囲気を感じとり、なんらかの思いを抱いてくれること自体は嬉しいです。

 

――ヴェイパーウェイヴや、“Internet Aesthetics(インターネット美学)”と言われているビジュアル感覚については、どんな印象がありますか?

 

定義できないものだと思っています。

私にとっては“常に変化していること”を意味しているから、その瞬間に私たちの周りで発生している何か、としか言えないポップカルチャーなんです。

ただ、インターネット独特のクレイジーさがあるなと感じるのは、それがどんなことであっても、“その瞬間とは直接関係を持つことができない”ところ。

その一瞬を数百万人の人々とシェアすることもできるし、人々のリアクションの肥やしにして次の何かを感じることもできますが、同時に分断されてもいる。

 

――真逆なものが共存している感覚?

 

同じひとつのことを、最悪のバージョンと素晴らしいバージョンとで、同時に行っている場所だと思うんです。

あらゆる物事がどんどん使い捨てされていくようになりつつあって、共感して、感情移入して、配慮をするというような、他人から受ける影響を失っていっているのではないかと怖くなることがあるんです。

その一方で、傷つきやすい人々でも自己主張できる創作環境を育むことは、インターネットなしではできないことだとも思いますし、バーチャルな体験を通じて他者との繋がりに心地良さを見出すこともできます。

接続と分断が同時に起きているんです。そういうところは、おもしろいですよね。

 

――真逆のものが混在している不可解さみたいなものが、インターネットならではの美意識として楽しまれているのかもしれませんね。貴重なご意見ありがとうございました。

彼女が頭の中で思い描いた無数の部屋はコチラから確認できます。ぜひ、バーチャルとリアルの両方をチェックしてみてください。

 

取材協力 Neon Saltwater
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
アンダーグラウンドで、とらえどころがなくって、だけど、とってもクールなこのムーブメントに、ぼくはもう長いこと夢中になっている。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
ネパールの山奥に暮らす一人の教師が、インターネット環境のない村にワイヤレスネットワークを導入しました。それも政府に内緒で。今から13年前のことです。オース...
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
写真は、インテリア照明ブランド「NO VACANCY」が、処分されるスケートデッキを土台にしてつくった作品『deck neon tokyo』。3月6日(火...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...