ヨーロッパの常識を覆した歌手「サルヴァドール・ソブラル」国内初インタビュー

©Eduardo Martins/the Script Road

サルヴァドール・ソブラルがおすすめする、ポルトガルのアーティストたちとその作品をご紹介。

アントニオ・ザンブージョ

ポルトガルの民謡ファドと、近年ユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統の多声歌唱音楽、カンテ・アレンテジャーノをバックグラウンドに、世界的な活動を続けるアントニオ・ザンブージョ。こちらは最新作『De Avesso』収録の、マリオ・ラジーニャ作曲の先行曲。

アンドレ・ロジーニャ

アンドレ・ロジーニャは、サルヴァドール・ソブラルバンドのコントラバス奏者。リスボンの名門ジャズクラブ、ホット・クルービ・デ・ポルトガル出身。自身のカルテットを始め、多くのプロジェクトで活躍している。

ベー・ファシャーダ

ベー・ファシャーダは、ポルトガル伝統フォーク音楽の旋律を多用するマルチインストルメンタリスト。アルバムごとに作風が変化することで知られ、プロデューサーとしても活動している。ポルトガル版ファーザー・ジョン・ミスティとでも言うべき才能。

ルイーザ・ソブラル

インタビュー内でも名前の挙がったサルヴァドール・ソブラルの実姉、ルイーザ・ソブラル。バークレー音楽院で音楽を学び、ジャズのバックグラウンドを持っている。

ジャネイロ

ジャズやボサノヴァを取り込んだエレクトロ・ポップを奏でる若手ミュージシャン。サルヴァドール・ソブラルの親友で、よく一緒にセッションしている動画が出回っている。彼もまた、リスボンの名門ジャズクラブ、ホット・クルービ・デ・ポルトガル出身。

Top image: © Eduardo Martins/the Script Road
京都生まれのマサチューセッツ育ち。現在、シカゴで活動しているセン・モリモト。ルックスは、チルなスタイルにロングヘア。25歳(インタビュー当時)。彼はとんで...
ヴェイパーウェイヴの代表的アーティスト、Vektroidことラモーナ・アンドラ・ザビエルが、ブラジルのメディア「I Hate Flash」に登場。貴重なイ...
NYジャムバンドシーンを代表するドラマー「Billy Martin」にインタビュー。
NYCから来日したメッセンジャー界のレジェンド、カート・ブーン氏に、メッセンジャーのリアルな日常や氏が生み出すアート、そしてメッセンジャーカルチャーとファ...
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
今って、むかしよりほんとに音楽をチェックしやすいし、東京にいなくても、自宅録音でも、すっごいミュ……
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
ヴェイパーウェイヴがわかりにくいのはなんでだろう? 音楽ジャンルの名前として見るか、一連のムーブメントの名前として見るかで、捉え方が大きく変わるということ...
三大鬼才音楽家のうち来日したことがないのはギンガだけ。セルジオ・メンデスに楽曲を提供していた作曲家でギター演奏も超絶技巧。モニカ・サウマーゾとの共演も!
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
「私がやっているのは、愛の告白」——。 インタビュー前編では、セレブタレントとして一躍有名人となったマリエが、自分の夢を追い、自分自身に向き合ったそのライ...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
イタリアのスタジオ「DesignLibero」が設計を手掛けた「バブルシールド」。外部の空気をフィルターを通して送りこみ本体を膨らませるこのシールドは、上...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
3度目の来日となる12月の東京ソロ公演のチケットはすでに完売!京都公演も売り切れ必至な大人気のルイス・コールってどんな人? というわけで、本人にインタビュー。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!