目が見えない人でも「笑顔を感じられる」アプリ。思わず、胸が熱くなった

相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。

そんな彼らのために登場したアプリ「LISTERINE® Smile Detector」は、スマホのカメラ機能で人の笑顔を読み取りバイブレーションで知らせてくれます。

振動するだけと聞くと物足りなく聞こえるかもしれません。が、使ってみた人々の感想を聞くとその役割の大切さに気づきます。

笑顔に気づける幸せって
どういうこと?

動画冒頭、視覚障がいのある人々が「笑顔」について語ります。

「笑顔ってきっと、見ていてとっても可愛いものなんでしょうね。

恋人と話している時、彼が自分と同じように笑ってくれているのかどうか見えないんです。好きな人がどんなキモチなのかもっとわかりたいと思っていても、それがとても難しいこともあります」

「まだ、見えていた時のことを思い出します。笑顔やアイコンタクトを取る瞬間がとても好きでした。

もしそれを思いだせたら、きっともう一度笑顔の力強さに気づけるんだと思います」

彼らにとって、笑顔を認識するには声が必要だったりします。表情が目に見えないというだけで、いつも不安を抱えているのかもしれません。

笑顔に気づけるだけで
世界は広がる

アプリの機能はシンプル、カメラで相手の顔を認識して、振動する。たったこれだけで彼らの世界は大きく変わります。

「わぁ、この部屋にいる人みんなハッピーなのね」

「あー、私に笑いかけてる?」

気づけるだけじゃない!
微笑み合えるようにも。

ゲームをしながら話す冗談や、相手のニヤっとした表情。たとえ言葉がなかったとしても…。

振動で目の前の人の笑顔がわかります。

「感激だ!なんていうか、自然な微笑みなんだ。笑顔に笑顔で答えられる。これには本当に感動したよ」

「きっと笑顔を見ることができないって、会話を聞き逃してしまうようなものなんだと思います。

最初にこのアプリのことを聞いた時、正直大きな期待はしていませんでした。でも、なんていうか本当にスペシャルな体験なんです!」

実はこのアプリ「LISTERINE® Smile Detector」は「iOS」版と「Android」版、どちらも無料でダウンロードできます。

開発したのは、口臭予防用マウスウォッシュブランド「リステリン」を販売している「ジョンソン・エンド・ジョンソン」。

白い歯を見せて欲しい(笑顔でいて欲しい)という願いが込められているのでしょうか。とても素敵な取り組みですよね!

Licensed material used with permission by Johnson & Johnson

「笑顔」は、相手に安心感を与えるだけでなく、見ている周りの人までもハッピーな気分にさせてくれます。ここでは、そんな「笑顔のチカラ」を感じられる5つの記事を...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
あなたが笑顔になる理由は?笑うきっかけは?ルーマニアに住む32歳の写真家クリスチャン・マンタさんは「174 Reasons to Smile(笑顔でいる1...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
AppleのARkitに対応した「TweetReality」では、現実世界に合計25枚のツイートを表示することができます。イメージは、SF映画に出てくるよ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
ゲームやアプリケーションにおいて、拡張現実(AR)の可能性は広がりつつあります。これもまた、AR体験があってこそ生まれた便利ツール。スマホのカメラ機能を利...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。