スマホを胸に当てるだけで、脳梗塞を予防できる「アプリ」

スマホを使って「ガン」を発見できる製品も開発されている。ほとんどの人が持っているデバイスに最適化することで病気のリスクは減らせるのではないか、という考えがあるのだろう。

フィンランドのトゥルク大学が発表したプロジェクトは一歩進んで、脳梗塞を予防するアプリをリリースする予定だ。つまり、特定のデバイスを購入する必要がない。

診断方法は
スマホを胸に当てるだけ

トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と使い方も簡単だ。

特別な機械を用意せずとも心房の動きを測定できる理由は、ほとんどのスマホに搭載されている加速度センサーにある。「手ぶれ補正」の際に役立っている、あれだ。

スマホに付いているような小さな機械でも、心房細動を発見できるようにと構想したのが2011年。約7年の歳月をかけて、心臓の動きを捉える技術をアプリに詰め込んだ。

脳梗塞を予防する方法が、アプリをダウンロードして胸に当てるだけとなれば、検査のハードルはぐっと下がる。

もちろん根本的な解決にはならないかもしれないが、自分の健康にこれまで以上に気をつかえることになる。病院に行ったときにはすでに病が進行していた、なんて状況も防げるようになるだろう。

Licensed material used with permission by University of Turku

関連する記事

主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
かなり本格的な感じ!2015年11月25日、慶應義塾大学が開発したアプリ「Heart & Brain」がリリースされました。これは、iPhone本体に採用...
4月21日に米「facebook」が運営する「Instagram」はいじめやヘイトスピーチの対策機能を追加すると発表。新しく追加される機能は「フォロー外か...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
株式会社シグナルトークが、市販食品の健康への影響を判定するヘルスケアアプリ「FoodScore」をローンチ。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
歩数記録アプリ「スギサポwalk」を通じて、2020年6月末まで無料でさまざまな医療・健康上の疑問や不安を専門医にチャット形式で相談できる。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
「BMW」と「MINI」が車両とスマートフォンを繋げるリニューアルした車両用アプリを導入。
「Apollo's Moon Shot AR」は、人類の月面着陸から50年の節目を祝うアプリ。ARが搭載されたこのアプリを起動し、スマホやタブレットをかざ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
マインドフルなセックスのお手伝いをしてくれるアプリ「Kama」。あらゆる人に、よりよいオーガズムを味わうための手助けをしてくれるとあって、話題になっている。
Androidを世に広める「Google」とロンドンに拠点を置くデザイン会社「Special Projects」が先日ローンチした「Paper Phone...
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「Cubinote」は、専用アプリをダウンロードして、スマホやパソコンで文字を打ち込みプリンターへ送信するだけで簡単に付箋のメモが作れます。インクも不要!
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...