スマホを胸に当てるだけで、脳梗塞を予防できる「アプリ」

スマホを使って「ガン」を発見できる製品も開発されている。ほとんどの人が持っているデバイスに最適化することで病気のリスクは減らせるのではないか、という考えがあるのだろう。

フィンランドのトゥルク大学が発表したプロジェクトは一歩進んで、脳梗塞を予防するアプリをリリースする予定だ。つまり、特定のデバイスを購入する必要がない。

診断方法は
スマホを胸に当てるだけ

トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と使い方も簡単だ。

特別な機械を用意せずとも心房の動きを測定できる理由は、ほとんどのスマホに搭載されている加速度センサーにある。「手ぶれ補正」の際に役立っている、あれだ。

スマホに付いているような小さな機械でも、心房細動を発見できるようにと構想したのが2011年。約7年の歳月をかけて、心臓の動きを捉える技術をアプリに詰め込んだ。

脳梗塞を予防する方法が、アプリをダウンロードして胸に当てるだけとなれば、検査のハードルはぐっと下がる。

もちろん根本的な解決にはならないかもしれないが、自分の健康にこれまで以上に気をつかえることになる。病院に行ったときにはすでに病が進行していた、なんて状況も防げるようになるだろう。

Licensed material used with permission by University of Turku
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
かなり本格的な感じ!2015年11月25日、慶應義塾大学が開発したアプリ「Heart & Brain」がリリースされました。これは、iPhone本体に採用...
「ChatterBaby」は、アメリカのUCLAで研究しているブレーンたちの知識がいっぱい詰まった、赤ちゃんの泣き声を“翻訳”してくれるアプリだ。精度は約...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
「Die With Me」は、あなたのスマホのバッテリー残量が5%以下になって、はじめて使えるメッセンジャーアプリです。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...