iPhoneを使って、「ガン」を見つけられるデバイス。

日本人の死亡原因1位だといわれている「ガン」。この早期発見につながるであろうデバイスが、アメリカで開発されました。

さらに、その特徴を考えれば、高齢化社会では必需品になりそうです。

iPhoneでも
ガンを発見できる

がんの早期発見に大切なのは、定期的に検査を受けることというのは間違いないでしょう。健康に関することだから悪く言うわけではないけど、病院に行く手間があったり、検査時間が取られたりしてしまう場合があります。

Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機にしてくれるデバイスなので、自宅でも検査を行うことができるようになるそうです。開発に携わった外科医John Martinさんが、実際に使ってみたところ、喉の腫瘍を発見できたのだとか。

残念なことに、現段階で購入できるのは医療関係者のみ。だけど、一般の人でも買えるように進めていくとのこと。

誰でも使えるようになれば、車椅子などで病院に行くことが大変な人でも、自宅で検査ができるようになるでしょう。

このシーンを想定しているButterfly Network社は、検査結果を詳細に教えてくれる、人工知能を組み込んだソフトウェアの開発もしているそうですよ。

Reference:厚生労働省
Licensed material used with permission by Butterfly iQ
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...