とある男性が2年間かけて編み出した「iPhone 6」を使った、360°撮影法がカッコイイ

どんな動画なのか、さっそく見てみましょう。

スキーヤーの周りをこんなに接近しながら旋回して撮影するなんて、よほど高度な技術が詰まったドローンでも開発されたのかーーと思いきや、これ、なんとふつうの「iPhone 6」を使用して撮影されたもの。一体どうやって?右手でワイヤーを握っており、その先に繋がったデバイスをブンブン振り回しているんです!

以下のYouTubeで見るとさらに鮮明な映像が確認できます。

この撮影法を編み出したヴィオニさんは、自身が開発した器具の微妙な調整をナント2年間近く繰り返したそう。凄まじい執念ですが、そのかいもあって“撮れ高”はバツグン!毎日のように使用してもiPhone 6本体には、キズひとつつかないそうです。

まずもって、これを持ちながら滑ること自体かなり難しそうではありますが、それにしてもキレイな映像が録画できていますよね。「なんでGoProを使わないの?」なんて素朴な疑問もありつつ、一部エクストリームスポーツファンの間では、彼の撮影方法が話題になっている模様。その他の動画も、彼のYouTubeチャンネルで確認できるのでぜひ見てみてね。

Licensed material used with permission by Nicolas Vuignier

関連する記事

まずは、以下の動画を見てください。これは、2016年2月5日に公開され話題になった「スキー場で滑る自分の姿をかっこよく撮影する方法」。どうやっているかとい...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
アパレルとしても注目を集める「ワークマン」。今月16日にブランド初のスーツ「リバーシブルワークスーツ」の発売をスタート
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
先日発売されたばかりのiPhone6s(さらにはiPhone6s plus)。3D Touchスクリーンや12メガピクセルの超高性能カメラといった機能面に...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。