差しこむだけでOK!iPhoneで「一眼レフ」並みの撮影が可能になるアイテム

カメラを持つのは面倒だけど、iPhoneの画質では物足りない…。そんな人に最適なアタッチメントがこれ。

Reference:Kanal von nclsde

「DxO ONE」は、iPhoneをディスプレイ代わりに使用できるデジタルカメラです。iPhone用のアタッチメントかと思いきや、その逆の発想を持っており、ディスプレイを持たないことで最小限のサイズを実現しています。
とはいえ、デバイス自体にデータを保存することも可能。ちゃんとバッテリーが内臓されているため、iPhoneのデータ容量や充電切れを心配することなく撮影が楽しめちゃいます。
カメラとしての機能性も高く、今デジカメフリークの間でも話題になっているアイテムなんです。

超小型サイズで
持ち運びも楽ちん

85singo_DxO ONE Connecting to iPhone

まず、注目なのはその携帯性とシンプルな装着方法。縦6.9cm、横4.885cm、厚さは2.625cmとコンパクトなサイズ感。重さもたったの108gと小さめの卵2つ分程度しかありません。

iPhoneへの接続は、充電器のように差し込むだけ。ポケットや鞄に忍ばせておいて、撮影の時だけ使えます。

一眼レフ並みの高画質!

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 10.24.43

画質は2020万画素でイメージセンサーは1インチ。絞り値はf/1.8-11。シャッタースピードは15sから1/8,000s、ISOは100-51,200などなど、と機能も充実。製品ページに掲載されているサンプル写真を見れば、その実力がわかります。

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 11.43.45

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 11.13.23

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 11.13.53

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 11.14.07

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 11.14.33

もちろん動画の撮影にも対応しており、1080p/30fps・720p/120fpsと選択できます。iPhoneを持っていると、それとは別でデジタルカメラを持つことが億劫にもなってしまいがち。だけども、高画質なカメラが恋しくなる気持ちは消えないといったジレンマも。
でも、このサイズのカメラで一眼レフにも劣らない画像が撮影できるというのはハッキリ言って魅力です。しかも、iPhoneと接続しているのでSNSへの投稿もバッチリ。

85singo_スクリーンショット 2015-07-14 10.25.20

対応しているのは、iPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad mini 2、iPad(第四世代) 。バージョンはiOS 8(またはそれ以降)なら使用できます。

値段こそ79,900円と決して安いとは言えない価格ですが、携帯性と機能の高さは本物。WEBサイトから予約することが出来るので、興味がある人はチェックしてみて!

Reference:Kanal von nclsde
Licensed material used with permission by DxO ONE 

 

関連する記事

Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
スマホカメラに取り付ける「スマホ用望遠レンズ」は、一眼レフクオリティーの写真を撮ることができる驚きのギア。付属品やオプションも豊富でまさに「プロ仕様」。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足...
「Fishball」は、取り付けるだけで360度写真を撮れるようにしてくれる、iPhone用外付けレンズ。今なら、約5,500円でオーダーできるそうです。
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
「歴代のiPhoneを水没させたら、どれが一番最後まで生き残るか?」Zach Straleyさんが行ったちょっと過激な実験が、YouTubeで話題を集めて...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
今日(6月21日)から発売される富士フイルムの「instax mini LiPlay」。巷ではチェキの愛称で知られるインスタントカメラの新しいモデルです。
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
「Apple」がアメリカ時間の今月13日(火)に開催されたiPhoneイベントにて待望の新世代モデルとして「iPhone 12」シリーズを発表。
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
『ラ・ラ・ランド』を手掛けたダミアン・シャゼル監督が、iPhoneでショートフィルムを撮影。迫力のあるアクションシーンを含む全編がYouTubeで観られる!
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
iPhone6のケースを何にしようかお悩みの方へ。選択肢の一つとして検討すべきアイテムを紹介します。シンガポールのoaxis社が開発したinkcase i...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
AppleはiOSのセキュリティ構築に関わる研究者やハッカーたちのために、セキュリティ制限の一部を取り除いたiPhoneを製造、支給しているようだ。
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
一眼レフのレンズを何個も持つ人なら分かるかもしれません、この悩み。持ち運びとレンズ交換が意外と大変なんですよね。シャッターチャンスを逃さないためにも、簡単...
スマホカメラの性能を大きく拡張するアクセサリーを製造する「ShiftCam」から、より安定した写真撮影を可能にする「ProGrip」が発表。「Kickst...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...