「ゆで卵を生に戻す」ことに成功。この技術がガン患者を救うことになるって?

「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。

カリフォルニア大学アーバイン校が運営する「UCI News」に掲載された、トリックなしの研究成果に注目です!

shutterstock_139418165のコピー


カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)とオーストラリアの化学者らによる共同研究で、ゆで卵を生卵に戻す技術が成功された。

生化学誌『ChemBioChem』によれば、この技術がなんとガン治療や食品生産の現場で活かされ、大幅なコスト削減も可能となると伝えている。

どうやらバイオテクノロジー産業において、予想される削減額は、驚きの1,600億ドル(約20兆円)にも及ぶとか。研究を指揮したUCIの化学・分子生物学・生化学教授、Gregory Weiss氏は以下のように述べている。

「研究レポートで書いた通り、絡まったタンパク質を引っ張って離し、それをまた元に戻す。我々は、卵を90℃で20分間茹で、その卵の中のキーとなるタンパク質を、また元の状態に戻すことに成功したんです」

じつは、これまでにも多くの研究者が、貴重な分子タンパク質の生成や再利用法を模索してきた。医薬品の研究開発において、遺伝子組み換えのタンパク質を特殊加工して代用してきたが、これには高額なコストがかかってきた。

他にも、広い分野で応用できる卵のタンパク質の分子だが、形成される際の構造が複雑で、再生するのが困難と研究者たちの頭を悩ませてきたようだ。

shutterstock_261838508

誰もなし得なかった新発見をしたWeiss氏だが、研究の経緯を意外な言葉で語った。

「我々はべつに、卵の変化過程に興味があった訳ではありません。それよりも、この技術がどれほど強いパワーを秘めているかを証明したかったんです。我々の研究はまず、試験管にしつこくこびりついた、粘着質のタンパク質をこすり落とすことにありました。多分、ほとんどの研究者たちが、この作業に多くの時間を割かれていたはずです。試験管を効率的にキレイにするため、我々の技術は、そこに着目して生まれた偶然の産物なんです」

タンパク質をこすり落とす従来の方法は、金銭的にも、時間も、コストのかかるものだった。なぜなら、分子レベルで分離をするには透析を行ない、おおよそ4日間もの日数が必要とされてきたからからだ。

ところが、この技術を持ってすれば、作業がたった数分で済んでしまうため、大幅なコストカットが可能に。

卵は茹でると、熱や化学反応によって、リゾチームという透明なタンパク質が白く凝固し、再生成される仕組み。Weiss氏が今回実験に用いたのは「尿素」。凝固したタンパク質に尿素を注入し、過流体装置にかけ、機械的に圧力をかけることで、個体となったタンパク質がほぐれ、液状に戻るそう。

shutterstock_85654102

この技術を応用すれば、医薬品業界やタンパク質生産の研究に役立てることができると科学者たちは見ている。

例えば現在、製薬会社では、タンパク質がほつれることの少ない、高価な「ハムスター卵巣細胞」を使って、ガン抗体を製造している。そのため、ガン治療が必要な患者たちには高額な治療費が求められることに。

しかし、この技術を使えば、酵母や大腸菌の細菌から、いち早く、そして安価にタンパク質を再形成することが可能になる。タンパク質の形成を簡素化することで、将来的にガンの治療費をより安価なものにできるかもしれない。

カリフォルニア大学アーバイン校は、すでに最新技術に特許を申請。同校と技術提携をしている企業は、興味を示している産業パートナーとの間で、技術導入の新事業を進めているようだ。

Licensed material used with permission by UCIrvine News

みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
台湾のコンビニで寸胴鍋に入ったまっ茶色のそれを見たことがありませんか。これ、「茶葉蛋」という立派な料理で、おやつ代わりに食べたり、中国茶のお茶請けとして提...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
思い立ったらすぐ作れるのに、炭水化物とタンパク質の両方が摂取できる。卵かけごはんは、忙しい朝の救世主だ。だけどビジュアルの地味さと庶民感は拭えない。そんな...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
家庭で作ったうどんやサラダをより美味しくーー。そんなときに活躍するのが温泉卵。でも、いざ作ろうとすると、意外と面倒で時間がかかるものですよね。ただし、@T...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
笑っちゃいけないんでしょうけど、すごい量ですよね。
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。誰もが気になるこの...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...