超簡単「カラフルゆで卵」の作り方。ドレッシングやソースに漬けるだけ!

春のお祭り「イースター」は、キリスト教の行事で「復活祭」とも呼ばれている。毎年「春分の日が終わって、初めての満月の次の日曜日」にあたる日で、2020年は、4月12日(日)となる。

イースターには「卵」が欠かせない。

「ケンコーマヨネーズ株式会社」では、イースターを楽しむ「カラフルゆで卵」の特設ページをWEBサイトに公開した。作り方は簡単。ゆで卵をドレッシングやソースなどに漬けるだけ。漬ける調味料や時間によっても、見た目や味の変化を楽しめるという。

「ブルーなウフ・マヨネーズ」「きいろの卵と野菜のグリル」「ピンクゆで卵とレッドキャベツとビーツのラペ」「バジル香るゆで卵のニース風サラダ」といった、カラフル卵を使ったアレンジレシピも併せて紹介中。

手軽に楽しく作れて、見た目のインパクトもある「カラフルゆで卵」。明日のランチにいかがでしょう?

©2020 ケンコーマヨネーズ株式会社

カラフルゆで卵を作ろう!(ケンコーマヨネーズ)

【特設ページ】https://www.kenkomayo.com/pro/pages/feature1_c_egg.aspx

Top image: © 2020 ケンコーマヨネーズ株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
みんなをアッと驚かす。そんなゆで卵をつくってみませんか?
「PECKISH」は、ゆで卵とシーズニングがセットになった商品です。そのシーズニングにゆで卵をディップして食べるんです。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
正直に言うと「卵を置くだけなのに、こんなにかわいい必要ある?」という感じですが、斬新で気になるけど自分で買うほどでもないアイテムってギフト向きだったりする...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
前菜としてもバッチリですが、グリルしたお魚やチキンを乗せればメインディッシュに早変わり!ニンニクと生姜がきいた「味噌ドレッシング」です。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
1年なんてあっという間だから、楽しいイベントは少しでも多い方がいい!ちなみに2018年のイースターは「4月1日」ですよ。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
TABI LABO編集部がNEXT輸入食料品店として注目する「iHerb(アイハーブ)」から、日本ではまだ知られていないTHE アメリカンな「ソース」3選...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
食欲が落ちる夏でも、サッパリ気分に変えてくれるサルサです。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。