紹介でしか購入できない、幻のドレッシング「ジョセフィーヌ」を知っていますか?

通販でしか買えない上に、紹介者がいないと購入できないーーと聞くと、どうしても敷居の高さを感じちゃいますが、それでも注文する人が絶えず、その味は文句なしに絶品だと評価が高いのがこの「ジョセフィーヌ・ドレッシング」。

幻のドレッシングとまで
呼ばれているのだとか…。

E7627a8cf0be34da710c0bd94e24854aae88123cD32a8c355fb62100e948e3f8f399831d81c93984

どんな味がするんでしょうか?

6001cc1269fd79f9161ddc9c92ecc3d0ff14d47b40d9f9d8e559eff18623e0d99f27d8015bbdf84e

千葉にある、株式会社エム・オー・ディーが販売している商品で、完全無添加のため賞味期限は一ヶ月ほど。クリーミーでありながら野菜の風味もしっかりと感じられ、数十種類のスパイスが使用されており香り高いのが特徴だそう。

愛好家の人々によれば、油と酢と卵黄が入っているため、マヨネーズやサウザンドレッシングのような洋風の味。ですが、インパクトは強すぎず、ふかく高級感のあるコクのあるテイストが味わえるといいます。

お肉や野菜はもちろん、パスタソースとして使っても絶品と評判。

A84e8a19ac0dc060d58031e3dbfd5b7ea5a8135c56d4cadda217c89d13c2ccb985eb9e8f86c47d42

その他、アボカドのスライスや温野菜にかけるだけでもほっぺたが落ちそうになるくらい美味しいそうです!

どうやって買えばいいの?

0b46569e9351a8504617af4e3f468abf672ff751

そう、気になるのは入手方法ですよね。基本的には前述したとおり紹介者を通しての注文になります。まとめ買いすると安くなり、だいたい500ml入りで1本500~900円程度ほどで購入されているようです。

が、安心してください!値段は1本約1,500円ほどと割高になりますが、「Amazon」でも購入できるようになっているんです。もちろん紹介者は必要なし。

もしくは「クックパッド」で、ジョセフィーヌ・ドレッシング風のレシピを探すのもアリ。そのほか群馬県・高崎市にある「スーパーまるおか」で直接販売しているところを撮影したインスタグラムもアップされているため、近くに住んでいる知り合いに聞けば一発かもしれませんね。

もしかしたら身近にも愛好家がいるかも、なにはともあれ一度周りに聞いてみましょう!

Licensed material used with permission by ladylouis916, aloha3781, natsuk728, yurikom77, advance_noeri, nozomiyu217, kanaxoxox
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
鍋の具材に、炒め物に、ナムルに、フォーのトッピングに。大活躍の「もやし」ですが、意外にありそうでないのが、もやしのサラダ使いでは?ここに紹介するのは、南米...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
1920年代のサンフランシスコ、パレスホテルのシェフがあるドレッシングを考案しました。当時ミュージカルの主役を演じたGeorge Arlissを称え、演目...
まるで結婚式の花束のような「ブーケサラダ」。その可愛すぎる見た目から、パーティやお祝いごとにもぴったりと、SNSでも評判なんです。しかもむずかしそうに見え...
山形で生まれた、栄養価の高いパスタは、雪の結晶のカタチをしていました。
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
奇跡──。そんな謳い文句を聞かされたら、否が応でも気になってしまう。とにかく体に良さそうなことはイメージできるけれど、果たしてその正体やいかに。極寒の地シ...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
これ知っておくだけで、パスタの組み合わせがぐんと楽しくなりますよ。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。