幻の洋梨「ル レクチエ」が、想像以上にトロトロ甘い(新潟)

2017年11月22日。ついに解禁した。

この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。

フランス生まれ、新潟育ち。
幻の西洋梨は、今しか食べられない。

西洋ナシの貴婦人
「ル レクチエ」

「こ、これは…ライバル出現だ…」。

まろやかな食感と、広がる香り。ぼくの地元宮崎の完熟マンゴーを初めて食べたときの衝撃を思い出した。

「ル レクチエ」は、国内シェアの約80%が新潟県で生産されている洋梨だ。日本で最も多く生産されている西洋梨「ラ・フランス」と比べると圧倒的に食感がなめらかで、甘みがある。香りが強いのも特徴的だ。梨というより「桃に近い」が正直な感想。そのままデザートとして食べてもいいし、生ハムやクリーム系のパスタとも抜群の相性になる。

 

そんな「ル レクチエ」が日本にやってきたのは、約110年前のこと。新潟県の果樹農家が苗木を取り寄せ、栽培が始まったと言われている。すでにフランスでは栽培が途絶えてしまっていて、新潟県が長い年月をかけて試行錯誤を重ねた結果、日本では安定した生産が可能になったという。

40日間の「追熟」

「幻」と呼ばれる理由は、まだまだ出荷量が少ないことに加え、だいたい11月下旬〜12月下旬までの1ヶ月間しか流通しない、という希少性の高さもある。

また樹上では完熟せず、収穫後に熟すのを待つ「追熟」が必要なのだ。10月中旬から始まる収穫のあと、さらに40日間もかけて完熟にする。この過程をしっかり経て品質の高さを保つために、新潟県は自主的に「解禁日」を定めている。東京で買うとだいたい1つ400円ほど(平均的なラ・フランスの2倍)と、高級果実であることに変わりはない。

 

予想以上に甘くてトロトロだったので、完熟マンゴーの地位が脅かされるかもしれないとヒヤヒヤしたけれど、旬な季節はうまい具合にズレている。これなら問題はない。

地元宮崎びいきのぼくとしては、夏はマンゴー、冬はル レクチエ、でぜひ推していきたい。

Licensed material used with permission by 新潟県
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
今、パリで話題になっているのは、5つ星パラスホテル「ル・ルームス」で、パティシエをつとめるセドリック・グロエ。彼の得意とするのが彫刻のようなパティスリーな...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
新潟県の郷土菓子といえば笹団子。この数百年もの伝統をもつと言われる郷土菓子に、最近ではきんぴら入りやチョコレート入りが誕生しているのだとか。決してインパク...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとは...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...