新潟の笹団子、進化する先に目指すのはまさかの2020

新潟できんぴらやチョコレートが入った団子が誕生したとか。それも、数百年もの歴史を持つ伝統菓子「笹団子」に詰めちゃったらしい。なんだか不謹慎? そんなことはありません。真相を探っていくと、古きよき郷土菓子のフトコロの深さ、県民の笹団子愛が見えてきました。

陰陽師が新潟の農民を
救うために考案

笹団子を新潟にもたらしたのは、祈祷を執り行う陰陽師だといわれています。「すべては陰と陽から成る」という陰陽道の考えがベースとなり、五穀豊穣・息災延命の祈りが笹団子に込められるようになりました。おもしろいのは、当時は端午の節句は女の子の健やかな成長を願う行事だったので、笹団子は「陰=女の子」のためのもので、「男の子=陽」には三角粽(ちまき)を使っていたという話。いまも、新潟の古老は笹団子のことを「女団子」と呼びならわすそうです。

笹の葉をほどくと、餅はきれいな緑色。ヨモギを練り込むことが大半ですが、本来はオヤマボクチ(キク科の多年草)を使うのが流儀でした。今では、新潟県の信濃川沿線の山側の地域だけでオヤマボクチの笹団子が伝承されています。

そもそもなぜ笹に包むようになったかといえば、ズバリ「神聖性」と「殺菌作用」。笹や竹は生命力が強いこともあり古代より神聖視されてきました。それから、殺菌作用についても証明済み。笹の葉に含まれる成分が、抗菌、防腐効果をもたらすことが確認されています。江戸で武士が編み出した「笹巻き寿司」の例もありますし。

ハレの日に、お茶うけに。
いまもそばには笹団子

そんな由緒ある笹団子。現代において新潟県民がどんなときに食べるかといえば、まずやはり「端午の節句」に。それから、お茶菓子や人にあげるお土産として日々の暮らしにも欠かせません。

柏崎市高柳町に住むおばあちゃんに聞いたところ、「毎年7月15日は黒姫山のお祭り。13、14日に笹団子をせっせと作って、15日は田んぼ仕事はお休みにして、朝から山に登って日の出を見ながら団子を食べるの」と教えてくれました。ちょうど笹の新葉が大きくなる時期なので、みずみずしく香りのよい笹が使え、笹団子も抜群においしいのだとか! 笹団子研究会の応援団長・五十嵐祐子さんも「このシーズンの笹団子は県外の親戚に送ると喜ばれます」と言います。

ついでに、笹団子の結び方には何か決まりがあるのですか? と聞くと、「家ごとに受け継がれる形や結び方があるけど、なんでだろうね?」と、当たり前すぎて、深く考えたこともないと首をかしげます。さらに地域やお店、作る人によっても違うのだそうですよ。

笹団子はもう2020年に
向かっている

こんなに身近な笹団子ですが、若者のあんこ離れが加速、作れるおばあちゃんは高齢化……。そんな事態を憂いて「残していきたい、もっと広まってほしい」と、五十嵐さんは立ち上がりました。自分のお店『ふーど工房ゆうこ』で新しい食材を取り入れるなどして、趣向を変えた笹団子を開発。そうして生まれたのが、「チョコ入り」「きんぴら入り」などの進化形笹団子というわけです。あんこが苦手な子どもが喜んで食べてくれるなど、ねらい通り若い人からの評判は上々。

「今度、自転車レースイベントで出店する予定なんです。笹団子ってコンパクトでカロリーも高いから、自転車に乗ったまま片手で食べられて補給食にぴったりなんですよ」

と五十嵐さん。来たる東京オリンピック開催の2020年は、笹団子誕生からちょうど200年とも言われていたりして。日本人だけでなく訪日外国人にもアピールしていきたいとのことです。

「さまざまある結び方の中からもっとも簡単な方法を探しているところです。笹がむきやすければ外国人でも食べやすいし、笹団子結びを気軽に体験していただくチャンスも! 伝統に縛られることなく、広く魅力をアピールしていきたいと思います」

Licensed material used with permission by ふーど工房ゆうこ
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
チャンスがないと食べないもの。たぶん「ナマズ」もその類。クセがあるんじゃないかって? みんながモジモジしているうちにお先にいただきましたよ! しかも、栃木...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
ピレネー山脈を挟んで、スペインとフランスにまたがるバスク地方という地域がある。ここは大航海時代、マヤ・アステカ(現在のメキシコ)を起源とするチョコレート文...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
2017年11月22日。ついに解禁した。この時期に「解禁」と聞くと、どうしてもボージョレ・ヌーボーを連想してしまうけど、旬のものはそれだけではない。フラン...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
新潟市の広大な田園風景を抜けると、鬱蒼とした森にひっそりと佇む建物に出くわします。周りの景色に溶け込むデザインはまるで美術館のようでもあり、海外でも注目さ...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
住人数たった17名の限界集落に、なんと100名以上を集めるというイベントを企画し、見事に大成功させた人たちがいる。なぜそんな企画をしたのか、成功の秘訣はな...
その素材はまるで、タオルになるために生まれてきたかのよう。そう言っても過言ではないほど、“両者”の特徴は、人の体を拭くのに適しているのです。このブランド「...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
新潟コシヒカリと言えば、誰もが認めるお米のトップブランド。じつはそんなコシヒカリを、もっとおいしく食べる方法があるんです。「にいがた朝ごはんプロジェクト」...