神様と生きる村人たちがつくる「幻の酒」を飲んでみたい。

「神様なんていない」。そんな風に思っている人でも、一度「弥彦村(やひこむら)」を訪れたら、考えが変わってしまうかもしれない。

壮大な自然に囲まれていて、そこにはきっと、森に住む精霊や、それを見守る神様がいる——。

そんな弥彦村の住民たちに、代々愛されてきた「幻のお酒」があります。

その名も「彌彦愛國(やひこあいこく)」。杜氏5名の小さな酒造で、究極の地産地消を行ないながら作られてきたお酒なんです。

「おやひこさま」と
村の伝統

弥彦村は、新潟県のほぼ中央部の日本海側、霊峰弥彦山のふもとにあります。それは、万葉集にも歌われる「神様が宿る山」。

人々は御神体として天香山命を祀った弥彦山を「おやひこさま」と呼んでいます。村人たちは、ふもとにある彌彦神社で四季折々いろいろな神事・祭りを務めながら、日々おやひこさまと自然の恵みに感謝し、暮らしているのです。

原料は、すべて
村で調達

瓶とフタ以外は、すべて弥彦村で調達されているという、このお酒。

酒米は新潟県作物研究センターに保存されていた「愛國」の種もみから10g分けてもらい、それを稲作へと育てあげるところから始めています。

そして、酒造りに欠かせない酵母は、奇跡的に発見されたという「清酒酵母」を使い、弥彦山の伏流水を汲み上げて醸造。

子どもたちが成長したとき
「故郷の酒」が飲めるように

平成の大合併により、全国で由緒ある村が次々と消えていく現実を目の当たりにした村人たちが、故郷を思う気持ちを込めて作り始めたのが、そもそものきっかけだそう。

今では、この取り組みも10年を超え、今年から弥彦酒造のある地区の生産者団体が酒米・愛國の栽培に立ち上がり、新たな絆が生まれようとしています。そして彼らが願うのは、村人たちの思いが詰まったこの取り組みを、子どもたちの世代に残していきたい、ということ。

今は地元の有志で成り立っていますが、これが村の新たな伝統となれば、子ども達が成長したあとも、故郷を思いながらお酒が飲めるようになる——。

現在「彌彦愛國」は、CAMPFIREでクラウドファンディング中。超長期熟成保管コストが主な障壁になっているとのこと。

リターンには「弥彦愛國」が含まれているプランもあるので、神様と生きる村人たちがつくった幻のお酒が届くのを待ちわびてみては?

Licensed material used with permission by CAMPFIRE
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
広島県・鞆の浦の特産品である「保命酒」。かつてあの坂本龍馬やペリー提督、島根の世界遺産・石見銀山で働く人たちも飲んだとされており、みりんに十六種類の薬味を...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...