伝統民具を現代のスタイルにリアレンジした「羽織もの」

梅ばかりか今年は桜の開花も早いんだとか。お花見までもうあといく日と思うと、気持ちだけは春本番、なんですが…毎年どっちつかずな気温に頭を悩ますのが「夜桜対策」です。そこで、今年は早々に目をつけていたこのアイテムとともに花酒を楽しみたい、と準備だけは万端でして。

民具の「蓑(みの)」を
現代風にしていくと…

とその前に、ワラを編んでつくる蓑(みの)は、ご存知のとおり肩から羽織って用いた民具。ここで紹介したい羽織ものは、その蓑に着想を得てデザインしたという変わり者なんです。

mino」というこのブランドが誕生したのは新潟県五泉(ごせん)市。ここは日本一のニット産地なんだそう。ここで1本1本紡がれた糸でつくるのが、色とりどりのポンチョとなって現代によみがえった蓑(mino)です。

ブランド名も、もちろんそのまんま。ニット地の大きな羽織りもん、これをポンチョ感覚で着るのが正しいスタイルだとか。春夏秋冬、季節の変わり目をつなげてくれるmino。これがどんなスタイルにもバッチリハマるんだ。

イマドキ「mino」は、
カラバリと着こなしが楽しめる

季節の変わり目に頼もしい
軽くて、あったか素材

ポンチョといっても、さすがにそこはニット生地。雨具や防雪具にはさすがに心もとないでしょうが、暖かさならば折り紙付き。必要な場面でさっと一枚羽織れる頼もしさは、女性だけでなく、ぼくら男性陣にとっても必需品となるはず。

定番ラインはウール、アルパカの2素材。

朝夕の寒さがまだ残るこの時季は、やっぱりウール100%が安心。なんでも、オーストラリア産メリノウールを使って、やわらかく起毛しやすい紡毛(ぼうもう)という工程を施してつくり出した糸は、紡毛糸としてほぼ限界に近い細さにまで仕上げているそう。特徴は軽さとやさしい肌触りです。

また、こちらも人気のアルパカは、生後2年以内の貴重なベビーアルパカの初狩りの毛だけを使うというこだわりよう。上品な光沢となめらかさが特徴です。

プルオーバータイプの
mino yoko

正方形のニット地の中央からヨコにスリットを入れた、かぶるタイプのポンチョが「yoko」です。ポンチョを90度回転させると、ゆったりしたボートネックからすっきりしたVネックへと表情が変わる。着こなしの幅も広がる一枚です。

カーディガンタイプの
mino tate

こちらは、長方形のニット地の中心からタテにスリットを入れた、カーディガンタイプのポンチョ「tate」。

持ち運びもいい感じでしょ?

これをくるくるとたたんで丸めると、専用ストラップで持ち運ぶこともできるというスグレモノ。かさばらないし、オフィスに置きっぱなしというのにも悪くないサイズ感です。

一枚あるとうれしい
春色のリネンウールをサラり

春の新作はパステルカラーの5色。清涼感ある麻とぬくもりあるウールを交互に編むことで、春先の寒暖差に使いやすい小ぶりなポンチョに仕上がりました。さらりと薄くしたニットとして、一枚羽織るのにもちょうど良さそう。春夏秋冬、シーズンごとに新作が登場します。コレクションは公式サイトからどうぞ。 

 

母の日キャンペーンも

ちなみに、4月1日〜5月7日までの期間中母の日キャンペーンとして、対象商品にカーネーションがモチーフのブローチと、メッセージカードがセットで販売予定だそう。おくりものにもいかがですか?

Licensed material used with permission by mino
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
「甘くて美味しそうなスイーツ詰め合わせ」に見えますよね?でもこれ、そのまま食べるものではなく、お湯に溶かして食べられる団子状の"お味噌"なんです!説明がな...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
新潟県の離島、佐渡島。国際保護鳥のトキ、史跡である佐渡金山、湾内を巡る伝統のたらい舟、酒造見学、海釣り、ダイビング……ざっと考えただけでも行くべきところ、...
新潟・佐渡島は、米、魚、日本酒、野菜、果物とおいしい食材に恵まれた場所。特に農産物は、日照時間や季節による温度差がほどよく、”なんでもよくできる”といわれ...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
新潟県の郷土菓子といえば笹団子。この数百年もの伝統をもつと言われる郷土菓子に、最近ではきんぴら入りやチョコレート入りが誕生しているのだとか。決してインパク...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
地方の自然、環境、風土などの条件下で育まれてきた、知恵の集積である「郷土料理」。地方の過疎化に伴い、代々受け継がれてきた味は全国各地で消えつつある。そんな...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。