廃業を覚悟した静岡・熱海の建具屋を復活させた一つ二役のウッドプレート「face two face」

静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。

2014年に「星野リゾート リゾナーレ熱海」で採用されたことをきっかけに、知名度を上げていきました。こだわりは、まな板に最適と言われている「吉野ヒノキ」を使っていること。水はけの良さや高い抗菌、抗カビ作用が特徴です。

まっすぐ切る技術で作る
「ウッドプレート」

©2018 セメントプロデュースデザイン

1947年の創業以来、障子などの建具を製造していた西島木工所の年商は、ピーク時の4分の1まで減少していました。新しい収入源として作り始めた木工雑貨は鳴かず飛ばず。そこで、日本各地のものづくりを行う企業の商品企画から流通までをサポートする「セメントプロデュースデザイン」に相談することに。

廃業寸前の状況を抜け出すためには、新しい商品開発が必要という話になったものの、資金不足のため新しく設備投資を行う余裕はありません。1年半に及ぶ試行錯誤を経て、ほとんど使われていなかったレーザー彫刻機と木材をまっすぐ切ることに長けた建具屋の技術を掛け合わせて「face two face」が完成したのです。2014年のことでした。

ギフトショーで有名に
本業の売り上げ回復

©2018 セメントプロデュースデザイン

しかし、セメントプロデュースデザインが期待していたほど価格は下がりませんでした。それでも「どうしても発売したい」という西島木工所の思いから、売れなかった場合のリスクを減らすために少量生産で展示会に臨むことに。

そして、2014年のギフトショーでは、両面使いできるところやレーザー彫刻で入れたデザインを活かして、簡単におしゃれな盛り付けができるという新しい切り口が話題になりました。それをきっかけに、星野リゾートでの採用やメディアに取り上げられることが増加。徐々に、認知されていきました。

さらには、「face two face」を通して西島木工所の技術が見える化したことによって、商品を手に取った業者から本業の仕事依頼も増加したのです。発売から4年たった2018年現在、約700個の売り上げ以上に本業が復活したことによって廃業寸前の状態から回復に向かっています。

face two face」は、Lサイズで1万800円(税抜)、Sサイズで6800円(税抜)。オンラインショップ「コトモノミチ」で購入可能です。

©2018 セメントプロデュースデザイン
©2018 セメントプロデュースデザイン
©2018 セメントプロデュースデザイン
Top image: © セメントプロデュースデザイン
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
まな板を誰かにプレゼントする、考えたこともなかった。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...