星野リゾート 界 熱海で、梅の魅力に触れる「古今梅滞在」はいかが?

現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのはなんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。

そんな時代を越えた梅の魅力に触れる「古今梅滞在」が、星野リゾート 界 熱海で開催。一足先に春気分を味わえそうです。

梅の盆栽を愛でながら
オリジナル梅酒を楽しむ

湯上がり処・青海テラスに登場するのは「空中盆栽BAR」。もう名前の時点でインパクト大です。

伊豆山の自然と相模湾を借景に、テラスを床の間に見立ててしつらえられた盆栽を愛でながら、梅酒をゴクリ。漬けあがった梅酒を原酒そのまま瓶詰めした逸品は、地元・富士高砂酒造とコラボレーションしたオリジナル梅酒だとか。

期間:2017年1月28日~2月12日

絶景露天で梅の香りを

露天風呂「古々比の瀧(こごいのゆ)」では、この時期ならではの梅見風呂を満喫。梅はその香りの強さゆえ、古来から「夜に見るもの」「香りを楽しむもの」とされてきた花。伊豆山の梢に浮かぶ湯に浸かり、じんわりと身体を温めながら、漂う梅香に感覚を研ぎ澄ます湯治なんていかが?

梅の見頃:1月下旬~2月下旬(気候により変動)

そのほかにも、本館最上階に位置する梅の意匠に包まれた「あたみ梅の間 特別室」で、伝統工芸「駿河竹千筋細工」の飾り障子、梅ギャラリー、梅マカロンなど熱海の梅文化に浸るひと時を過ごしたり、

梅をモチーフにした「あたみの梅鍋」で和牛のしゃぶしゃぶを楽しんだり。とにかく梅尽くし!

ちなみに熱海は、日本一早咲きの梅が一足早い春を告げる場所。誰もが桜に注目する現代だからこそ、いま一度ひっそりと咲く梅ならではの美を見つめ直すのも粋だと思います。

Licensed material used with permission by 星野リゾート 界 熱海
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かってい...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...