スマホに疲れた人へ・・・星野リゾートの「脱デジタル滞在プラン」で、最高のリラクゼーションはいかが?

アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。

そこでは、コンピュータやスマホ、タブレットから時計に至るまで、デジタル機器に触れることは一切禁止。参加者同士で仕事の話をすることも許されない。そのかわりヨガや水泳、ダンス、ハイキングなどのアクティビティを徹底的に楽しむ。

テクノロジーと忙しさに囲まれた日常生活を一時的に遮断し、人との触れ合いや自然の中でゆっくり流れる時間を、純粋に楽しもうというわけだ。

日本では、ホスピタリティに溢れた
デジタル・デトックスが!

日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的なのが、星野リゾートの「脱デジタル滞在プラン」だ。

アメリカのそれがちょっぴり極端で強制的なのに比べて、星野リゾートのプランは、あくまで“おもてなし”のひとつとしての提案されているのが特徴だ。

「日常から少し離れてリラックスいただくために、作ったプランです。各施設で地域の自然環境や文化を生かした滞在の提案となっています」とは、星のや竹富島広報担当の杉山真実さんのお話。

スマホやノートPCなどのデジタル機器は、到着時にアタッシュケースに預け、代わりに部屋に置かれているのは、星のやのおすすめの書籍だ。

現在、同プランが展開されているのは、「星のや軽井沢」「星のや竹富島」「星のや京都」の3施設。それぞれ異なったアプローチで宿泊者がデジタル社会から距離をおけるような工夫がされている。

「星のや軽井沢」
森の中で楽しむ
乗馬やストレッチ

th_集落

th_乗馬

th_早朝ウォーキング

th_指圧

用意されているのは、森の中を往く乗馬体験、千ヶ滝への早朝ウォーキング、朝日を浴びながらの草の上ストレッチ、指圧といったアクティビティ。いずれも、軽井沢の豊かな自然を活かした、心身ともに癒される内容となっている。

■星のや軽井沢「脱デジタル滞在・2016春夏」1泊2日 38,000円 ※税・サービス料10%別、宿泊費別2泊3日 48,000円 ※税・サービス料10%別、宿泊費別

「星のや竹富島」
琉球の自然と文化を
堪能する

th_CF050862

th_DPP_092 のコピー

th_140607WPiX-001 のコピー

目玉となるのはボルダリング。島内のアイアル浜にある琉球石灰岩の岩場で楽しむことができる。また、島内に28ヶ所ある御嶽(うたき ※沖縄の信仰における神の住まう場所)巡り、民具づくりの名人から学ぶ縄編み・ビン玉づくり体験なども楽しそうだ。

■星のや竹富島 「脱デジタル滞在〜魂を洗う男の島旅〜」「体編」76,500円 ※税・サービス料10%別、宿泊費別「心編」51,500円 ※税・サービス料10%別、宿泊費別「心」「体」両方利用 96,500円 ※税・サービス料10%別、宿泊費別※上記プランは5月31日まで。6月1日からは一部内容を変更予定

「星のや京都」
“都”でしか味わえない
極上の癒やし

th_CF040139

th_施術風景

th_朝のお勤め (2)

th_Salon_Bar蔵 (3)

戦国時代には、戦に出陣する武士たちのリラクゼーションとして使われていたという香道の入門体験や四季折々の自然の景色を眺めながらの鍼灸・按摩マッサージ、有名寺院での朝のお勤め、Salon&Bar蔵でのウイスキー試飲などなど。京都ならではのラインナップが用意されている。

■星のや京都「脱デジタル滞在・春」料金:43,000円 ※税・サービス料10%込み ※宿泊代金、夕食、朝食代金を除く※4月1日〜5月30日の期間限定プラン

それぞれの地域の文化的・歴史的特色を体験しながら、自然の中でのんびりとした贅沢な時を過ごせる星のやのプラン。

今や当たり前になっているデジタルに囲まれた暮らしを断つ事で、見えてくる本当の豊かさがあるのかもしれない。

現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
二度寝といえば、ちょっぴり罪悪感を感じてしまうもの。でも、あの気持ちよさは、止められないんですよね。僕が快感を覚えるひとつが国内旅行。旅館やホテルなどで、...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
11月15日、「コロラド州歳入局」が運転免許証デジタル化の試験導入についてリリースを発表しました。一部似たようなテストが行われていたアイオワ州や、アイダホ...