コケを食べ、コケを作り、コケのなかで寝る。「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」の「苔すぎる」限定プラン

青森県十和田市、奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、5月7日~7月31日、苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施する。

このプランでは、クッションやベッドカバーなど、苔(コケ)の造形や質感を表現した客室「苔ルーム」に宿泊。

奥入瀬渓流に点在する苔むした岩を表現したランチ「苔ランチプレート」では、料理を食べる前にルーペを使い、実際に苔を観察している気分を体験。デザートの「こけ玉アイス」は、抹茶アイスにほうれん草のパウダーをまぶし、こけ玉そっくりに仕上げているという。

日中は苔を観察する「苔さんぽ」に参加したり、こけ玉作りなどを体験し、夜はBar Loungeで、森の倒木に生息している苔を表現した「苔カクテル」を。

ステイ後は、苔ガールの認定書と、国内で28ヵ所ある「日本の貴重なコケの森」を案内する全国苔マップのプレゼントまでついて、文字通り“苔づくし”のプランなのだ。

奥入瀬渓流には、日本で約1800種類ある苔のうち約300種の苔が生息しているという。東日本大震災後には、十和田・奥入瀬エリアの観光促進として苔をフィーチャーし、地元ネイチャーガイドによる「モスプロジェクト」もスタートしている。

自然豊かで、心が潤う奥入瀬で、苔まみれの初夏の旅もいいかもしれない。

©2020 星野リゾート
©2020 星野リゾート
©2020 星野リゾート
©2020 星野リゾート
©2020 星野リゾート

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

【公式ホームページ】https://www.oirase-keiryuu.jp/

Top image: © 2020 星野リゾート
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事