寝転べるエコノミークラス!「ルフトハンザ航空」の限定プランに注目

海外旅行にいきたい!でも......今は行けない!

そんなジレンマに悩まされる日々の息抜きとして、航空業界の素敵な取り組みをご紹介。

ドイツを拠点とする航空会社「Lufthansa(ルフトハンザ)」が、ドイツのフランクフルトとブラジルのサンパウロを結ぶ便で、アップグレードプラン「Sleeper’s Row(スリーパーズ・ロー)」を導入した。

© Lufthansa_BR/Twitter

このプランは、エコノミークラスのチケットを持つ乗客が、安価な追加費用(約27000円)で3〜4席の座席を確保できるというもの。「眠りたい人向けの列」という名前通り、1列を独占できるため、足を伸ばして横になったり、ゆったりとくつろぐことが許される。

時節柄、パーソナルスペースを確保したい人にも安心のプランだ。

区分はエコノミークラスでありながら、ビジネスクラスの特典である、ふかふかの枕マットレス毛布優先搭乗権も用意されているというから、ますますお得。

乗客が少ない今だからこそ楽しめる、快適な空の旅。日本の国内線でもぜひとも導入を検討してほしいサービスだ。

Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事