見つけたら即買い。「完熟梅」でつくるポン酢

毎年このシーズンになると、お酒やシロップで漬ける梅。ここで紹介するのは、青梅ではなく、完熟梅を使ってつくる「ポン酢」です。熟成を待たずとも、すぐに使えるし、なんたって手作りがイチバンですから。

年に一度のお楽しみ
「完熟梅ポン」をどうぞ

©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

樹で熟した完熟梅の見分け方は「色」。黄色い梅を見たら迷わず買いましょう。一年に一度しか出回らない貴重な機会。フルーティで甘みがあり、醤油と昆布と合わせた自家製梅ポン酢は、冷奴にかけたり、サラダのドレッシングとしても絶品です。

用意するのは完熟梅(200g)に対して、醤油(小麦不使用)を200ml、あとは乾燥昆布を1枚。これだけ。

まずは完熟梅を洗って水に30分浸けたら、水気を切ってヘタを取ります。鍋に完熟梅を入れて、ひたひたになる量の水を注いで強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの火加減にして10分。茹でたあとはザルにあげて水気を切っておきます。

これをこしてペースト状にしたら、煮沸消毒しておいた保存瓶に醤油と昆布とともに入れて混ぜ、冷蔵庫でひと晩おいたらできあがり。柑橘やお酢を入れなくても、梅の酸味が効いていい具合にポン酢風になりますよ。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY