見つけたら即買い。「完熟梅」でつくるポン酢

毎年このシーズンになると、お酒やシロップで漬ける梅。ここで紹介するのは、青梅ではなく、完熟梅を使ってつくる「ポン酢」です。熟成を待たずとも、すぐに使えるし、なんたって手作りがイチバンですから。

年に一度のお楽しみ
「完熟梅ポン」をどうぞ

5792274164219904
©2018 FOOD CREATIVE FACTORY

樹で熟した完熟梅の見分け方は「色」。黄色い梅を見たら迷わず買いましょう。一年に一度しか出回らない貴重な機会。フルーティで甘みがあり、醤油と昆布と合わせた自家製梅ポン酢は、冷奴にかけたり、サラダのドレッシングとしても絶品です。

用意するのは完熟梅(200g)に対して、醤油(小麦不使用)を200ml、あとは乾燥昆布を1枚。これだけ。

まずは完熟梅を洗って水に30分浸けたら、水気を切ってヘタを取ります。鍋に完熟梅を入れて、ひたひたになる量の水を注いで強火で熱し、沸騰したらふつふつするくらいの火加減にして10分。茹でたあとはザルにあげて水気を切っておきます。

これをこしてペースト状にしたら、煮沸消毒しておいた保存瓶に醤油と昆布とともに入れて混ぜ、冷蔵庫でひと晩おいたらできあがり。柑橘やお酢を入れなくても、梅の酸味が効いていい具合にポン酢風になりますよ。

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
アドレナリン全開だったんでしょうね。
材料を抑えるヒミツはポン酢を使うこと。
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
ピクルスと言えば、少し食感が固めの食材をイメージしがちですが、今回提案するのはアボガドのピクルス。聞いたことがないし、見たこともない人がほとんどだと思いま...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
極上のみかんリキュール「媛麗(ひめうらら)」を製造販売しているのは、愛媛県・八幡浜市にある創業102年の酒造「梅美人酒造」。日本でも有数のみかんの街、八幡...
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
一人暮らしだと、パックで買った牛乳が余ってしまうことってありますよね。そんなときは「練乳」をつくるのがオススメです。冷たいフルーツやスイーツにかけて、楽し...