日本の元祖エナジードリンク「梅醤番茶」に注目!

朝夕と日中の寒暖差により自律神経が乱れたり、血行不良による肩こりや、疲れがとれずカラダがだるい。夏モードのカラダがなかなか秋にスイッチしない、そんな“秋バテ”の人にオススメしたいのが、とっておきの飲み物──「梅醤番茶」。

読んで字の通り、梅干しと醤油を加えた番茶なのだが、「“冷えバテ”かな?」感じたときは、そこにショウガ汁を少々プラスしてもいい。カラダの芯からポカポカと温まること請け合いだ。

そもそも、梅干しには疲労回復を助けるクエン酸が含まれて、胃腸のはたらきを活発にしたり、糖質の代謝を促してエネルギーに変えてくれる効果がある。

毎度エナジードリンクでは、かえってカフェインや糖分過多となり体内バランスを崩しかねない。少し体調がすぐれないなと感じるときこそ、お湯を沸かして番茶に梅干しを落としてみてはいかがだろう。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
エナジードリンクを進化させてカプセル状にした「PUSH+」が1月11日より販売開始。100%国産の天然カフェインを国内最大量配合した未来型エナジーチャージ...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
日本発のシーシャブランド「OCHILL(おちる)」は、新しいシーシャ「#吸うお茶」を作るプロジェクトを立ち上げた。当プロジェクトを通じて、日本らしい「Ch...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
缶も中身もすべてmade in ITALYの「トニーノランボルギーニエナジードリンク」が日本上陸。象徴的な猛牛のロゴ「レイジングブル」があしらわれた黒と赤の缶。
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
体内から温めて、夏バテ知らずの体をつくる「ニンニクの味噌汁」はいかがでしょう。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。