古代ローマ人も飲んでいた。自家製「エナジードリンク」の作り方

気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。
リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナジードリンクができる」と、ライターRaven Fon氏がとっておきのレシピを「I Heart Intelligence」で紹介しています。材料はリンゴ酢!?これで本当にブーストできるの?

autumn drink - apple cider or juice in a glass


何千年もの間、お酢は様々な飲み物に追加されてきました。古代ローマでは「Posca(ポスカ)」と呼ばれる、お酢を水で割りハーブを加えた飲み物が、兵士たちののどの渇きを癒すドリンクとして飲まれていたようです。腐敗を防ぐ目的でお酢を入れていたようです。ポスカはまた、キリスト教とも関係の深い飲み物。キリストが十字架に張り付けにされた時、兵士に飲まされたのがこのポスカだと言われています。
また、紀元前400年頃の古代ギリシャで活躍した医師ヒポクラテスも、リンゴ酢にハチミツを混ぜた飲み物を、万病を治す薬として推奨していたという記録もあります。
お酢の殺菌効果やビタミンCは、古代より人々の習慣のなかに息づいていたことが分かります。

shrub drink150824-03

アメリカでも、昔からお酢は健康的でリフレッシュ効果の高いエナジードリンクとして親しまれてきました。
例えば、リンゴ酢に水、生姜、ハチミツを混ぜた「switchel(スウィッチェル)」やハーブやスパイスを入れたシロップにリンゴ酢を混ぜた「Shrub(シュラブ)」など、こうしたアレンジがあれば、簡単にリンゴ酢を毎日あなたの生活に取り入れることもできるはず。
一番いいのは、無濾過で低温殺菌されていないオーガニックなリンゴ酢を使うこと。免疫機能を向上させる有益な共生細菌が含まれていて、健康を維持するうえで必要な栄養素も豊富。以下に、オーガニックな自家製エナジードリンクを紹介します。

古代ローマ人の味を再現
リンゴ酢の水割り

shrub-drink150816-04

<材料>リンゴ酢:小さじ2杯水:2カップ

リンゴ酢を水で割っただけ。伝統医学の世界では“万能薬”として、食前に飲むことが推奨されてきました。

喉の痛みに◎!
ハニーサイダー

 <材料>リンゴ酢:小さじ2杯ハチミツ:大さじ1杯水またはお湯:2カップ

ハチミツが溶けるまでしっかりと混ぜること。風邪による喉の痛みを和らげるには、ホットがおすすめ。

夏バテに最適
ジンジャーウォーター

shrub-drink150824-01

<材料>リンゴ酢:小さじ2杯ハチミツ:大さじ1杯おろし生姜:小さじ1杯水:2カップ

ハチミツが溶けるまでしっかり混ぜること。氷を入れて冷たくして飲むのがおすすめ。胃の不調を緩和してくれます。また、水の代わりにソーダを使えば、アメリカの伝統的な「スウィッチェル」のできあがり。
この他、植民地時代にタイムスリップした「シュラブ」の簡単な作り方はフルーツジュースをリンゴ酢と水で割るだけ。


気力も体力も、健康あってのもの。身体が喜ぶ自家製ドリンク、エナジージャージに試してみては?

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連する記事

ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
伝統茶ブランド「tabel」より、日本の薬草を使用したエナジードリンクが発売。パワーチャージの「コーラシロップ」とリフレッシュの「ジンジャエール」の2種で...
エナジードリンクを進化させてカプセル状にした「PUSH+」が1月11日より販売開始。100%国産の天然カフェインを国内最大量配合した未来型エナジーチャージ...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
缶も中身もすべてmade in ITALYの「トニーノランボルギーニエナジードリンク」が日本上陸。象徴的な猛牛のロゴ「レイジングブル」があしらわれた黒と赤の缶。
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
カナダで開発された歯磨きができるドリンクです。キシリトールを特殊製法で加工することで口内環境を整え、虫歯などの原因になる細菌を減らす効果があります。オーガ...
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
厳選されたスパイスと専用シロップを煮込んでつくる自分だけのオリジナルコーラが楽しめる、自家製「クラフトコーラキット」が登場
ティッシュやのど飴に頼るだけでは不十分。カラダの中からポカポカあったまるドリンクをどうぞ。
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
健康にまつわる情報を発信するメディア「Simple Organic Life」で、最新のヘルシードリンクが紹介されました。なんでも、あらゆる種類の痛みを和...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
秋口の体調管理にオススメしたいのが「梅醤番茶」。日本の元祖エナジードリンクです。

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
英ハンドクラフトメーカー「MijMoj Design Limited」が、オーク(ナラの木)で木製タンブラーを製作。