ブルッと気合い!?「ランボルギーニ」のエナジードリンクが特設サイトで発売中

あの名車メーカー設立者の長男がプロデュースする世界最高峰ブランドから、エナジードリンクが日本上陸

缶も中身もすべてmade in ITALYの「トニーノランボルギーニエナジードリンク」。先月より、インターネット上の特設サイトで発売がスタートした。

象徴的な猛牛のロゴ「レイジングブル」があしらわれた黒と赤の缶に収められたドリンクは、特別な日本仕様高麗人参エキス配合で甘さ控えめ、スッキリとした飲み心地。カフェインレスで摂り過ぎにケアすることなし。

GWも後半戦。もう体力を使ってしまったという人も、まだこれからという人も、爆音とどろく力強いエネルギーを与えてくれそうな1本に頼ってみるのはいかがだろう。

©Brand Legacy Partners Japan

『トニーノランボルギーニエナジードリンク』
【容量】1缶=250ml
【原材料名】水、砂糖、クエン酸、炭酸ガス、クエン酸三ナトリウム、高麗人参、香料、ビタミン(ナイアシン、パントテン酸、B2、B6、B12)、色素(INSカラメルE150d)、ブドウ糖果糖液糖
【販売価格】希望小売価格 350円/本(税抜)、1ケース24本入り 8400円税(税抜)
※特設サイトでの販売は、期間限定300円/本(税抜)のケース単位販売

【特設サイト】https://www.blpj.store/

Top image: © Brand Legacy Partners Japan
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ルクセンブルク発ドイツ生産の“ハイファッション”なエナジードリンク「28 BLACK アサイー」が、2019年8月12日より沖縄県内のファミリーマート限定...
エナジードリンクを進化させてカプセル状にした「PUSH+」が1月11日より販売開始。100%国産の天然カフェインを国内最大量配合した未来型エナジーチャージ...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
秋口の体調管理にオススメしたいのが「梅醤番茶」。日本の元祖エナジードリンクです。
〈nutrovape(ニュートロベイプ)〉の「ENERGY STICK(エナジースティック)」は、カフェイン、L-テアニン、ビタミンB12を同時にチャージ...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
新生活のスタートや生活環境の変化でエネルギー切れの人にオススメのエナジーフード「YOKANGO」のご紹介。
NEXT輸入食品店として注目の「iHerb(アイハーブ)」から、ちょっと変わり種の「ホットドリンク」をご紹介します。寒い冬はお気に入り「ホットドリンク」で...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
iHerb(アイハーブ)でおすすめの「チア・エナジー・スクイーズ」という商品です。「集中力」と「満腹感」を得られます。
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
カナダで開発された歯磨きができるドリンクです。キシリトールを特殊製法で加工することで口内環境を整え、虫歯などの原因になる細菌を減らす効果があります。オーガ...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
ミント味のシロップを水や炭酸水で薄めた、フランスの夏の定番ドリンクです。