日本発の「お茶を吸うシーシャ」開発の支援募集中!

100年前から人々に愛され、近年はミレニアルズを中心にブームとなっているシーシャ。そのフレーバーに”タバコではなく”、茶葉を使用した“お茶を吸う”プロダクトを作ろうと、日本発のシーシャブランド「OCHILL(オチル)」が支援募集のプロジェクトを立ち上げた。

クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて2月19日(水)まで実施中。

「OCHILL」提案するのは、海外から浸透した“Chillout”の感覚をより丁寧に、日本的に変換し、空間も時間も自分自身もすべてが自然体であることに価値を見出す「Japanese Chill」という新しいカタチ。

そんな感覚に無意識的に“落ちる”ような体験を「日本の若者に広がるシーシャ文化」と「日本古来のお茶文化」を融合させたプロダクトによって、日本全国に広めようというのだ。

シーシャ自体はノンニコチン・ノンタールのものや、茶葉のみからフレーバーを開発することで、もはやシーシャでもない「吸うお茶」など、現在、さまざまな材質や形状などを検証しプロトタイプ開発中

また、このプロジェクト支援には、開発費やプロモーションをサポートするだけでなく、ブランドのラボグループにも参加してもらい、日本ならではのチル文化「Japanese Chill」の解釈を一緒になって考えることも含まれる予定とのこと。

日本生まれのChillが全国に、そして世界中に広がる期待を込めて支援を検討したいプロジェクトだ。

©OCHILL

『日本発のシーシャ「#吸うお茶 」のプロダクトを作ります!』
【プロジェクト支援】
クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて
https://readyfor.jp/projects/iwashiclub-ochill
【支援期間】2月19日(水)午後11:00まで

Top image: © OCHILL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東京都内でオススメのシーシャ5選を紹介。2019年にオープンしたばかりの新店を中心に、2020年注目のコンセプトのあるシーシャをピックアップしました。飲み...
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
“日本茶離れ”に歯止めをかけるべく、伝統の「しずく茶」を現代にアップデートさせた「mute」。
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
自然のなかでお茶が点てられる「野点(のだて)セット」が「Snow Peak×中川政七商店×茶論」のトリプルコラボで発売される。
デンマークのテレビプロバイダー「Waoo」がYouTubeで放映した"長編映画"がある。といっても、海や湖の美しい景色と子犬たちの動画がひたすら10時間2...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
タバコもお酒もやらないのに、最近結構ハマっている人がい多い「シーシャ」。密かな楽しみのように街なかのカフェやレストランでも提供するお店も続々と。よく旅先で...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
お茶本来のおいしさ、香り、旨み、渋みを誰でも簡単に引き出せ、現代のライフスタイルにもマッチした茶器。それが沈殿抽出式ティードリッパー「刻音」
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「パスポートランキング2021」最新版発表。アジア太平洋地域の強さと英米のランキング低迷が如実に。気になる日本の順位は?
どこからどう見てもタバコ。でも、中身はお茶。
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
サステイナブルを主眼においた蒸留ベンチャー「エシカル・スピリッツ株式会社」と、現代におけるお茶のあり方を提案する「TeaRoom」のコラボで誕生した、エシ...
日本最大級の品揃えを誇る昆虫食専門店「バグズファーム」から、蚕の幼虫のアレを活用したお茶が登場。蚕が食べた桑の葉が香るというのだから、原料は……。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。