今こそ始めたい、自分にあった「お茶探し」

リモートワークが続くなか、これまでどれほど身の回りに“コーヒー環境”が整っていたのかを思い知らされています。

オフィス周辺はおいしいコーヒースタンドであふれ、バリスタが目の前で挽きたての豆をドリップしてくれる。そんな当たり前の日常が当たり前でなくなったいま、自宅で飲む機会が増えたのが「お茶」です。

そう、ここで紹介したいのはお茶のはなし。

気分に合う
「お茶探し」のおもしろさ

これまで、コンビニのペットボトルくらいしかなかったお茶との関わり。そんな人もきっと多いはず。それが、家にいる時間が増えたことにより、コーヒーに限らず、飲みものの選択肢はぐんと増えたんじゃないでしょうか?

たとえばショッピングサイトでおいしいハーブティを検索したり、ティーポットを使って紅茶を淹れてみたり、時間をかけて水出しでつくってみたり。緑茶にはじまり、紅茶、中国茶、スパイスティ……じつに変化に富んでいて、あらためてお茶っておもしろい。

ほっと一息つきたいときや、何かに集中したいとき、ディフューザーやアロマキャンドルで部屋の香りを変えるように、気分に合わせてお茶を飲み分ける。そんな「お茶探し」のなかで出会ったお気に入りがこちら。

「水出し柚子緑茶」水色
©2020 NEW STANDARD

茶と今日。CHA TOKYOの「水出し柚子緑茶」。

春がどんどん深まり、風の匂いも変わってきたいまの時期にぴったりなお茶です。

ドリンクボトルに500mlの水と5gの茶葉が入ったティーバッグを入れ、カクテルシェーカーの要領で30秒振る。飲みたいときすぐ飲める便利な水出し茶です。

大きめのグラスに氷を入れてボトルから注ぐ。生葉がそのままの緑したたる香りの緑茶から、ほのかに柚子の匂いが立ち、舌の真ん中にかすかな甘みを残します。これがおいしい!

東京の「今日」をコンセプトにしたお茶

「水出し柚子緑茶」パッケージ
©2020 NEW STANDARD

「茶と今日。CHA TOKYO」というブランド。ふしぎなネーミングですよね。日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。

自社で茶葉開発から製造までを行う茶葉ブランド「EN TEA」が手掛け、2018年に誕生したブランドです。「水出し柚子緑茶」のほか、「梅緑茶」「生姜焙じ茶」「檸檬紅茶」「枇杷の葉焙じ茶」がラインナップ。

スタイルやお作法を気にせず、ホットで飲んだりアイスにしてみたり。気分に合わせて「お茶してみる」。そのくらいの感覚にちょうどいい。

どこか軽やかで、いまの暮らしにマッチした「東京」のお茶。目まぐるしく変わる日常のなかで、「今日」の一杯を見つけ出すように、お茶を手にとってみませんか?

茶と今日。CHA TOKYO

https://www.cha.tokyo/

Top image: © 2020 NEW STANDARD
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
伊藤園の新業態「オチャ ルーム アシタ イトウエン」が渋谷スクランブルスクエアにオープン。新しい日本茶との出会いが始まります。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
お茶を軸にした和風カフェ「伊右衛門カフェ」が品川と川崎にオープン。バラエティ豊かで“映え”るメニューが目白押しの話題のニュースポットで至福のひとときを。
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
滑らかにする、というより感度を高めて濡れやすくする。塗って少しすると、じんわり熱くなってくるんです。
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...