英国式、おいしいミルクティーを淹れるコツ。

暖房のきいた部屋で、ブランケットにくるまりあったか〜いミルクティーを手にNetflix三昧、あるいは読書。冬ごもりのこの時期ならではの楽しみ方。

おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法があるんだとか。

喉もココロも潤す
冬のモーニングティー

Ef5dd8abf57154bd0de1186f997445a80dfb3d14

私の場合、朝の眠気を飛ばすのには断然コーヒー派なのですが、冬の空気が流れ始めると、ほかの飲み物にも気持ちが揺らぎます。部屋の温度が徐々に冷え込むようになり、埃をかぶったケトルを取り出し、キャビネットに紅茶をいくつか付け足します。

コーヒーは何杯か飲むと落ち着きがなくなります。その点、お茶は何杯飲んでも平気。あったかさが喉も心も癒すんですよね。

寒い季節になると、正しい飲み方から準備の仕方まで、“紅茶の美学”を磨きたくなる。こんな細かい質問をくまなく答えてくれるガイドを見つけたので、気になる回答を伝授しましょう。

紅茶よりもミルクが先!

071a530281e7ac864ac23945be725df44b9a7880

1980年に出版された「Method for preparation of a liquor of tea for use in sensory tests(官能検査の使用に基づく紅茶の準備方法)」は、British Standards Institution (BSI)が監修を務める紅茶の基本をまとめた6ページ。近年、この文献が再発掘され、多くのメディアから再び注目されているようです。BSIによると、紅茶を飲むときは「サイエンスの裏付け」に従うといいのだとか。

曰く、温かい紅茶を注ぐ前に適量の牛乳をコップに注ぐのが第一ステップだそう。そうすると、注ぐお湯の温度で牛乳がまんべんなく温まってくれるってこと。ただし牛乳が温まり過ぎないよう、お湯の温度は85度以内に収めておきましょう。

さらには紅茶を醸造する際は、100mLのお水に対して茶葉2gが望ましいと記されています。そして最適な味を引き出すには、6分ほど浸出しておくこと。

最後にBSIの文献は、なんと製茶に最適な器具まで紹介してくれていました。最も好ましいのは「角がノコギリの派のようにギザギザした白い磁器製品、もしくは光沢のある陶器」なのでよろしければ是非お探しを。

ここまで綿密にガイドに沿って紅茶を淹れるなんて"やりすぎ"と思うかもしれません。たとえ少数派だとしても、製茶にとことんこだわりたいって人たちにとっては、きっと参考になる情報だと思います。ただし、やってみてしっくりこなければ、それはそれでOK。最終的には、自分に合った方法で飲めばいいんですから。

そろそろお茶が飲みたい季節になってきましたね。私は早速このガイドを参考にしてみたいと思います。まずはポット探しからかな。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
山口県で150年以上もの間、日本の伝統的な調味料を作り続けている光浦醸造の『FLOAT LEMON TEA(フロートレモンティー)』。黄色のパッケージを開...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...