英国式、おいしいミルクティーを淹れるコツ。

暖房のきいた部屋で、ブランケットにくるまりあったか〜いミルクティーを手にNetflix三昧、あるいは読書。冬ごもりのこの時期ならではの楽しみ方。

おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法があるんだとか。

喉もココロも潤す
冬のモーニングティー

私の場合、朝の眠気を飛ばすのには断然コーヒー派なのですが、冬の空気が流れ始めると、ほかの飲み物にも気持ちが揺らぎます。部屋の温度が徐々に冷え込むようになり、埃をかぶったケトルを取り出し、キャビネットに紅茶をいくつか付け足します。

コーヒーは何杯か飲むと落ち着きがなくなります。その点、お茶は何杯飲んでも平気。あったかさが喉も心も癒すんですよね。

寒い季節になると、正しい飲み方から準備の仕方まで、“紅茶の美学”を磨きたくなる。こんな細かい質問をくまなく答えてくれるガイドを見つけたので、気になる回答を伝授しましょう。

紅茶よりもミルクが先!

1980年に出版された「Method for preparation of a liquor of tea for use in sensory tests(官能検査の使用に基づく紅茶の準備方法)」は、British Standards Institution (BSI)が監修を務める紅茶の基本をまとめた6ページ。近年、この文献が再発掘され、多くのメディアから再び注目されているようです。BSIによると、紅茶を飲むときは「サイエンスの裏付け」に従うといいのだとか。

曰く、温かい紅茶を注ぐ前に適量の牛乳をコップに注ぐのが第一ステップだそう。そうすると、注ぐお湯の温度で牛乳がまんべんなく温まってくれるってこと。ただし牛乳が温まり過ぎないよう、お湯の温度は85度以内に収めておきましょう。

さらには紅茶を醸造する際は、100mLのお水に対して茶葉2gが望ましいと記されています。そして最適な味を引き出すには、6分ほど浸出しておくこと。

最後にBSIの文献は、なんと製茶に最適な器具まで紹介してくれていました。最も好ましいのは「角がノコギリの派のようにギザギザした白い磁器製品、もしくは光沢のある陶器」なのでよろしければ是非お探しを。

ここまで綿密にガイドに沿って紅茶を淹れるなんて"やりすぎ"と思うかもしれません。たとえ少数派だとしても、製茶にとことんこだわりたいって人たちにとっては、きっと参考になる情報だと思います。ただし、やってみてしっくりこなければ、それはそれでOK。最終的には、自分に合った方法で飲めばいいんですから。

そろそろお茶が飲みたい季節になってきましたね。私は早速このガイドを参考にしてみたいと思います。まずはポット探しからかな。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
飲んでおいしいハーブティーは数あれど、お部屋に飾ってこれ以上、絵になるハーブティーをワタシは知りません。
新しい形の無人店舗が、コロナ禍であらためて注目されている。東京の「無人店舗」をピックアップ!
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
いよいよ春も本番。大地の恵みを受けたフレッシュなハーブをたっぷり使って、自家製のハーブティーを楽しんでみませんか?
タイ発のプチプラコスメブランド「Mistine」より、本物のタピオカミルクティーを原料とした「タピオカミルクローション」が発売。紅茶に含まれるポリフェノー...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
クリスマスイブまでの毎日、24種類の違うお茶を楽しむことができる「アフタヌーンティー・ティールーム」のアドベントカレンダー「ブックオブクリスマスカレンダー...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
日本全国から多種多様な名産品が集まる「東京」の「今日」をコンセプトに、食材の恵みを活かしてつくる東京のお茶。「茶と今日。CHA TOKYO」は軽やかでいま...
休日ともなればタピオカ店はどこも行列。もっと手軽に飲みたい!という人は“インスタントタピオカ”に注目だ。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
時間帯によって、気分や体の調子が違うように、シーンごとに飲み分けるハーブティーの提案です。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...