この「AIティーメーカー」は、3つの機能で全ての紅茶派を魅了する

コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお目にかかれないのだ。

しかし、アメリカのTeforia社が開発したのは、まさしく私が求めていた1台。ポイントは数多くあるが、特に以下の3点に魅了され、本当に喉から手が出るほど欲しくなった。

01.
茶葉ごとの抽出条件を
自動で設定してくれる

まずはこちらの機能から。Wi-Fiでスマホと連携し、専用アプリで茶葉を選択すると、搭載されたAIが「お湯の量」「温度」「蒸らす時間」などを決定。何から何までお任せで、専門家や農家、科学者たちが分析した最高の一杯を再現してくれるという。

すでに抽出条件が登録されている同社の公式茶葉は、現在20種。紅茶だけでなく、烏龍茶や緑茶、ほうじ茶など幅広くカバーされているのも嬉しい。

しかも、対象茶葉はクラウド経由で順次増え続けていくとのこと。まさに、絶え間無く進化するティーメーカーだ。

02.
専用ティーバッグでなくてもOK
全ての茶葉を使用可能

発売中のティーメーカーによくあるのが、その会社が作っている専用ティーバッグやポーションでしか淹れられないという不便さ。それでは楽しめる種類も限られ、旅先で買った珍しい茶葉や、自分の好きな銘柄は使えないことになる。そんな理由で購入を敬遠していた紅茶派は、決して私だけではないはず。

しかし、このマシンは違う。公式茶葉ではないものも、いくつかの質問に答えれば、それに合わせた最適なレシピがAIにより分析、登録されるそう。

03.
味や成分など
レシピの調整が可能

さらに魅力的なのは、味やカフェイン量などをアプリを通して自分で調整できる点。AIが最高の一杯を淹れてくれるとはいえ、万が一好みと合わなくても問題なし。妊婦さんなど、成分に気を使う人にとっては安心の機能だろう。

もちろん、新たに設定したレシピは保存できるので、いつでも再現可能。これはもはやソムリエにも難しい技術なのではないだろうか?さすがはAI。

価格は$1,499(約17万2000円)と、はっきり言ってかなり高額。でも、こんなに高性能なら無理もない? 購入はオンラインショップから。

あなたもこのTeforia Infuserで、新時代のティーライフを楽しんでみてはいかがだろう。

Licensed material used with permission by Teforia
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はウェブサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...