紅茶界の常識を打ち破ったお店が提案する「正しいティータイム」って?

どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。短時間で茶葉の成分を効率よく抽出するために、茶葉を最初から細かく砕いておくという、忙しい現代人のニーズに応えたもの。

これはティービジネスではもはや常識らしく、関係者の中には「CTCは必須。質より量だ」と唱え続けてきた人も多いんだとか。しかし、その常識を疑い、「美味しいティーを届けたい」という思いに忠実に理想を追求したお店がこちら。

味からパッケージデザインまで
「正しい一杯」に妥協はない

北青山にある「Brew Tea Co.」は、イギリス・リバプール発のティーショップ。「正しいティータイム」を理念に掲げ、「CTC?そんなの必要ない」と独自のアプローチでお茶を販売している。

3年かけて理想の味を求め、テイスティング、ブレンド、パッキング、ティーバッグのバッグ製作までのプロセスを自分たちで実行。リーフの大きさもティーバッグの中身の量(通常は一律2.5gになっていることが多い)も、それぞれの茶葉により合ったものに変えているのだそう。

理想は味の良さだけでなく、「ティーのある時間」の幸せを分かち合うこと。パッケージもシンプルながらカラフルでカワイイ。

よく見るとワンポイントのデザインも様々。チャイにインド象、フルーツパンチにパンチグローブ、イングリッシュ・ブレックファーストに目覚まし時計のマークなどが施してあり、芸の細かさに感心する。何個でも揃えたくなってしまいそう。

家でも「正しいティータイム」を

しかも、オフィシャルHPでは、「正しい一杯」を自宅で再現するため、お湯の温度や蒸らす時間、味の傾向、一緒に食べたいものまで茶葉ごとに紹介してくれている。手取り足取り私たちを導いてくれる親切心がたまらない。

ちなみに、各種ティーバッグだけじゃなく、リーフタイプも購入可能。

お店の茶葉をアレンジした飲み物レシピもHPでチェックできる。家カフェに最適なこれらのメニューはイギリスの本社からの提案で、種類はチャイからレモネードまで様々。ここまでしっかり「正しい一杯」をプロデュースしてくれるのなら、いっそカフェも経営してほしいと思ってしまうのは私だけ?

お店では試飲やテイクアウトができるので、お茶通もそうでない人も、この機会に足を運んでみては?

【店舗情報】
ブリューティーカンパニー北青山店
・住所:東京都港区北青山3-14-1 1F
・営業時間:10:00~18:00
・電話番号:03-6712-6895
・休:火曜日

Licensed material used with permission by Brew Tea Co. Japan
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
茶葉が飛び跳ねるジャンピングという現象が起きやすいように、ピラミッド型にデザインされたティーインフューザー「TRI」。これまでと異なるのは、そのルックスです。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第8回は、OCEAN-TEAB...
「三井農林株式会社」のボトルドティー「WN Cold Brew Tea」シリーズに新作「Darjeeling Seasonal blend No.001 ...
クリスマスイブまでの毎日、24種類の違うお茶を楽しむことができる「アフタヌーンティー・ティールーム」のアドベントカレンダー「ブックオブクリスマスカレンダー...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
リラックス用に作られたものですが、効果効能よりも商品名がgreat!
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...