紅茶界の常識を打ち破ったお店が提案する「正しいティータイム」って?

どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。短時間で茶葉の成分を効率よく抽出するために、茶葉を最初から細かく砕いておくという、忙しい現代人のニーズに応えたもの。

これはティービジネスではもはや常識らしく、関係者の中には「CTCは必須。質より量だ」と唱え続けてきた人も多いんだとか。しかし、その常識を疑い、「美味しいティーを届けたい」という思いに忠実に理想を追求したお店がこちら。

味からパッケージデザインまで
「正しい一杯」に妥協はない

Af48a1b3d1ddf881e5facdcbb0c0c6e0560bf593

北青山にある「Brew Tea Co.」は、イギリス・リバプール発のティーショップ。「正しいティータイム」を理念に掲げ、「CTC?そんなの必要ない」と独自のアプローチでお茶を販売している。

3年かけて理想の味を求め、テイスティング、ブレンド、パッキング、ティーバッグのバッグ製作までのプロセスを自分たちで実行。リーフの大きさもティーバッグの中身の量(通常は一律2.5gになっていることが多い)も、それぞれの茶葉により合ったものに変えているのだそう。

0958441a4df589931e86372abd3fbdaee972fd58

理想は味の良さだけでなく、「ティーのある時間」の幸せを分かち合うこと。パッケージもシンプルながらカラフルでカワイイ。

よく見るとワンポイントのデザインも様々。チャイにインド象、フルーツパンチにパンチグローブ、イングリッシュ・ブレックファーストに目覚まし時計のマークなどが施してあり、芸の細かさに感心する。何個でも揃えたくなってしまいそう。

99ce51e3f0b38835a1268dd5cfbdabbddb9296eb

家でも「正しいティータイム」を

D76be8226c45cdfd3bf13b6c0277e30f080eb40b

しかも、オフィシャルHPでは、「正しい一杯」を自宅で再現するため、お湯の温度や蒸らす時間、味の傾向、一緒に食べたいものまで茶葉ごとに紹介してくれている。手取り足取り私たちを導いてくれる親切心がたまらない。

ちなみに、各種ティーバッグだけじゃなく、リーフタイプも購入可能。

C3cd8ffe02aaafcd88d4b316f415b2b6abf45010

お店の茶葉をアレンジした飲み物レシピもHPでチェックできる。家カフェに最適なこれらのメニューはイギリスの本社からの提案で、種類はチャイからレモネードまで様々。ここまでしっかり「正しい一杯」をプロデュースしてくれるのなら、いっそカフェも経営してほしいと思ってしまうのは私だけ?

お店では試飲やテイクアウトができるので、お茶通もそうでない人も、この機会に足を運んでみては?

0b123f5c3acaa11b23f09931844c04f113b91c56C2adec09479c1039749795ea6390af5ab4a79be8

【店舗情報】
ブリューティーカンパニー北青山店
・住所:東京都港区北青山3-14-1 1F
・営業時間:10:00~18:00
・電話番号:03-6712-6895
・休:火曜日

Licensed material used with permission by Brew Tea Co. Japan
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...
山口県で150年以上もの間、日本の伝統的な調味料を作り続けている光浦醸造の『FLOAT LEMON TEA(フロートレモンティー)』。黄色のパッケージを開...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
ハリウッドの西側に位置し、ビバリーヒルズのお隣にあるウエスト・ハリウッド。この地で紅茶を販売する『Pearl’s Finest Teas』から、青、紫、黄...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...