使用済みだからこそ「味がある」ティーバッグアート

アーティスト兼グラフィックデザイナーのRuby Silviousさんが絵を描くのは、なんと使用済みのティーバッグ。

Rubyさんは以前からキャンバス以外のものに絵を描くことに興味があり、ピスタチオや卵の殻なども使っていました。ある朝紅茶を飲んでいる時に、ティーバッグもいいかも!?と思いついたそうです。

それからというもの、毎朝“ティーバッグアート”を日課にして続けたRubyさん。これを『363 Days of Tea』と名付けてSNSに写真をアップすると、世界中から多くの反響が寄せられました。

ちなみに、なぜ「365日」じゃないのかというと、Rubyさんがこのプロジェクトを思いついたのが2015年1月3日だったから。他にも、日本滞在時に制作した『26 Days of Tea in Japan』なんかもあります。

Instagramでも作品を随時公開しているので、興味がある人はチェックしてみて。

Top image: © Ruby Silvious
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...