使用済みだからこそ「味がある」ティーバッグアート

アーティスト兼グラフィックデザイナーのRuby Silviousさんが絵を描くのは、なんと使用済みのティーバッグ。

Rubyさんは以前からキャンバス以外のものに絵を描くことに興味があり、ピスタチオや卵の殻なども使っていました。ある朝紅茶を飲んでいる時に、ティーバッグもいいかも!?と思いついたそうです。

それからというもの、毎朝“ティーバッグアート”を日課にして続けたRubyさん。これを『363 Days of Tea』と名付けてSNSに写真をアップすると、世界中から多くの反響が寄せられました。

ちなみに、なぜ「365日」じゃないのかというと、Rubyさんがこのプロジェクトを思いついたのが2015年1月3日だったから。他にも、日本滞在時に制作した『26 Days of Tea in Japan』なんかもあります。

Instagramでも作品を随時公開しているので、興味がある人はチェックしてみて。

Top image: © Ruby Silvious
他の記事を見る
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
茶葉が飛び跳ねるジャンピングという現象が起きやすいように、ピラミッド型にデザインされたティーインフューザー「TRI」。これまでと異なるのは、そのルックスです。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...