「使用済ティーバッグ」をアーティストに渡した結果・・・

通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある。

使い終わったティーバッグが
キャンバスに大変身!

dad-day_R

彼女の手にかかれば、捨てられる運命でしかなかったものも、ご覧の通り立派なアートに変貌。

FireShot Capture 1163 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_RFireShot Capture 1164 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_RFireShot Capture 1170 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_R

使用済だからこそ醸し出される独特の色合いやクタッとした質感。未使用のものだと、きっとこうした“味”は生まれないはず。

FireShot Capture 1168 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_RFireShot Capture 1166 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_RFireShot Capture 1165 - Artist Paints Wonderful Designs on Us_ - http___mentalfloss.com_article_70_R

実は彼女、「363 Days of Tea」というプロジェクトを企画し、毎日のように“ティーバッグアート”を創作中。それらはHPのほか、FacebookInstagramで公開されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

ちなみに、現在は363 Days のうちの「Day 308」。日々新しい作品を眺めながらプロジェクト達成へ向けてカウントダウンを、なんて楽しみ方もあるのかもしれない。

Licensed material used with permission by Ruby Silvious

イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
今の時代、ファッショントレンドのサイクルは早い。せっかくお金をかけて買ったものでも、すぐに流行には終わりがきてしまう。 それは、バッグも一緒。スタイルが絶...
〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...